加藤浩次、Hey! Say! JUMP・山田涼介の主演映画に感心 斬新な内容に注目高まる

fumumu


加藤浩次

14日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、Hey! Say! JUMP・山田涼介さんの主演映画を紹介。

斬新な切り口の内容に、MCの加藤浩次さんが注目しました。

■新作『大怪獣のあとしまつ』を紹介


番組の人気コーナー「クイズッス」で紹介されたのは、2022年2月4日に公開予定の映画『大怪獣のあとしまつ』。

同作品は、ドラマ『時効警察』(テレビ朝日系)や、映画『イン・ザ・プール』などで知られる三木聡さんが監督・脚本を手がける”空想特撮エンターテインメント”で、主演を山田さん、ヒロインを女優の土屋太鳳さんが務めます。

関連記事:杉浦太陽『ウルトラマンコスモス』の撮影秘話語る 朝一番に怪獣の名前を…

■斬新な内容に「おもしろいね」


注目なのは、その内容。日本を襲ってきた大怪獣をヒーローが撃退する…という映画は多くありますが、同作は、その大怪獣が”死んだ後”の物語。巨大な怪獣の死体処理を行う”極秘ミッション”を描いたものだそうです。

紹介VTRを見つつ、”天の声”から映画の内容を聞いた加藤さんは、「おもしろいね」と反応。

さらに、漫画原作などではなく、オリジナル脚本であることを知り、「あ、おもしろい…」と改めて関心を示しました。

■まきおこる事態に想像膨らむ


なお、VTRでは”あとしまつ”でガスが発生すること以外は、どんな問題がおこるのか明確にはされておらず、加藤さんの想像も爆発。

「変なウイルス発生したりとか…」「食えるのかなぁ」「食肉になったらいいよね」などと、さまざまな予測をたてていきます。

また、「『ウルトラマン』とかいない世界だよね」「(死んだ怪獣を)運んでくれる人とかいないってことだよね」といった側面にも注目しました。

■SNSでも注目が高まる


この斬新な内容にはSNSでも反響がおこり、ツイッターでは一時トレンド入り。

「マジ面白そう」「シン・ゴジラでもやらなかった怪獣が死んだ後のアフターをやると言うのは意欲的で面白い」「着眼点は面白いし、ちょっと興味湧いたわ」「ヒットして怪獣映画に新しい風吹き込んでくれれば嬉しい」などのコメントが寄せられています。

映画の公開まで約4ヶ月とまだ少し時間がありますが、その間に公開される情報をチェックして楽しみに待ちたいところですね。

・合わせて読みたい→加藤浩次、近藤春菜の幻を見てしまう? イベント映像めぐってスタジオ騒然

(文/fumumu編集部・五代桜子)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ