米倉涼子「今年も未知子は失敗しないので!」

テレビドガッチ

米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第7シリーズが、10月14日にスタートする。

100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台の第7シリーズ。最新作では、内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)が舵を取り、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が台頭。フリーランス外科医・大門未知子(米倉)、そして別棟の分院へ追いやられた外科と、真っ向から対立していく――。

第7シリーズではあろうことか、第1話から未知子に最大のピンチが襲いかかることに! なんと、呼吸器外科医・一木蛍(岡田将生)の勧めで未知子に胆石症の手術を依頼した参議院議員・一橋由華(冨永愛)のパーティで、クラスターが発生。ついにはあの未知子も倒れ、「東帝大学病院」に緊急搬送されてしまうという、究極の事態まで起こる。未知子は、なぜ倒れたのか……。そしてこの先、彼女を待ち受ける運命とは一体!?

さらに、米倉からも最新メッセージが到着。放送開始を目前に控えた米倉も「私たちが日々満身創痍で撮影に臨んでいる『ドクターX』最新シリーズの放送が、いよいよ始まります」と、ワクワクしている模様。「新シリーズにもグッとエネルギーを向上させるサプリメントが入っていますので、元気のない方も、元気をさらにつけたい方も、コロナ禍で悩んでらっしゃる方も……ぜひ、たくさんの方々に見ていただきたいです」と語る。そして、最後には一際力強い声で、「今年も未知子は失敗しないので!」と宣言した。

<第1話あらすじ>
ニュージーランドにやって来たフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)は、執刀医を務める同国副首相のオペが始まる数時間前、AEDも設置されていないのどかな牧場へ。慌てて迎えに来た副首相オペの第一助手・一木蛍(岡田)の前で、不意に感電して瀕死の状態に陥った羊飼いの命を救う。

その後、未知子は副首相のオペも成功させ、日本へ帰国。参議院議員・一橋由華(冨永)が主催する「次世代のSDGsパーティ」に招かれる。実は由華、主治医の勧めで、胆石症のオペを未知子に頼もうとしていたのだ。その主治医とは……ほかでもない一木だった! 由華は医師とは思えないほど派手な未知子を見て不安を抱くが、ニュージーランドで未知子の見事なオペを目撃していた一木は、その腕前を完全保証。一方、由華のCT画像を見た未知子は、ある一点に目が止まり……!?

その矢先、パーティ会場内で由華が急性胆のう炎を発症して倒れる。未知子は一木と共に、由華に付き添い、搬送先の「東帝大学病院」へ。一刻を争うと判断し、緊急オペを断行しようとする未知子。そこへ、100年に1度のパンデミックによって院内で発言力を増し、院長代理として内科主導の組織改革を推し進める内科部長・蜂須賀隆太郎(萬斎)が出現! 未知子が何者か知らない蜂須賀は、その腕前に懐疑心を抱きながらも、由華の意向を汲んでオペを許可するのだが……。

やがて、とんでもない事実が判明する。なんと由華が主催したパーティでクラスターが発生してしまったのだ――!

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ