BBHF、尾崎雄貴(Vo/Gt)が初監督を務めた新曲「ホームラン」のMVを公開

SPICE


BBHFが本日・10月13日(水)にニューシングル「ホームラン」を配信リリースした。

今作はきらびやかで感情豊かなギターサウンドが特徴的な疾走感溢れるナンバーとなり、エネルギーを感じられる楽曲に。また、尾崎雄貴(Vo/Gt)自身が初監督を務めたMusic VideoもYouTubeで公開された。活動拠点である北海道で全編撮影され、個性豊かな登場人物の人生を走り続けるバスの中で描いた作品となっている。

さらに、アナログ盤限定の新曲「愛を忘れないで」を含む、7inchアナログレコードをBBHFオンラインストアで予約を受け付けている。

なお、11月からはZepp DiverCityを含む、約2年半振りとなる全国ツアー『SUPER MOON TOUR 2021』が開催される。

尾崎雄貴(Vo/Gt)コメント


今までもずっとMVのアイディア出しや撮影のディレクションのようなことはやらせていただいてました。ただ監督やディレクターと名乗れるかというと違和感があったので自分の名前を出すことはありませんでした。

そして今回は尾崎和樹(Dr.)協力の元、CG動画コンテなども作成し、ロケーションやキャスト選び、撮影まで責任を持って関わらせていただきました。
様々な事を一緒に経験し信頼している岩井郁人さんサポートの元、自分の頭の中にあった 「バスの中で演奏してみたい」という個人的な夢がスタートでしたが、メッセージを持った映像作品になっていく様子は、最高の楽曲を書いている際に似たクリエイティブかつ無垢な喜びに満ちていました。

楽曲に込められたメッセージを、昼夜問わず走り続けるバスと、乗り降りしていく個性豊かな乗客たちで表現しています。全編北海道での撮影、関わっている方々もみんな北海道民というところも、注目して頂きたいポイントです。

みなさんがバスや電車に乗っている時なんかに、このMVのことをふと思い出してくれたら嬉しいです。
楽しんでください!

「ホームラン」Music Video

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ