千鳥・大悟、ロケ先での“クレイジーな行動”を明かされ「バケモンじゃん」

E-TALENTBANK


10月12日、TBS系『バナナサンド』に千鳥(大悟・ノブ)が出演した。

【関連】千鳥・大悟、“大ファン”な女性タレントとの共演に感激「毎週会いたい」

番組では、“1番根がクレイジーなのは誰だ?”というコーナーを放送。その中で、ロケ当日の朝まで飲んでいた大悟は酔ったまま現場に到着。落とし穴のドッキリをかけられたが落ちた後何のリアクションもないのでスタッフが覗きに行くとクッションのスポンジが気持ちよくてそのまま眠りに落ちていたというエピソードが紹介された。

それについてノブが、CM撮影という体で呼ばれたと説明し「(大悟が)全然タクシーからも降りて来ず、もう運転手さんに引っ張り出されて」と話すと、大悟は「ワシそれ初めてVTRで見たんです、その映像も」「覚えてない」とコメント。

さらにノブは「で打ち合わせ。CMディレクターと大悟」「で、多分前日熱いお笑いの話してたんでしょうけど。CMのディレクターさんが『なんとかランドはおもろいで!みたいなのをカメラ目線でお願いします』って言われたら『それおもろいんですか?』」「それどういうおもろさですか?みたいな」と大悟の返しを明かし、スタジオには「ヤバっ」「バケモンじゃん」と声が上がり大悟は「全面的にワシが悪いですよ」と話し笑いを誘った。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ