【ザキヤマ】番組のゲームで体重明かされる

めるも編集部

9月3日放送の『スクール革命!』(日本テレビ系)では、新企画の「超えたらアウト!デッドライン」というコーナーが始まり、レギュラーメンバーが3チームに分かれて競った。映画の興行収入や物の重さなど、検討がつくようでつかない候補が並び、一同苦戦した。

デッドラインを超えないための心理戦

新企画「超えたらアウト!デッドライン」は、決められたテーマ内で、ある一線(デッドライン)を超えないであろう項目を複数選んでいくというルール。チームごとに順番に回答していき、デッドラインを超えてしまったチームがアウト。いかにギリギリのものを選び、他のチームにプレッシャーをかけられるかが鍵となる。

「日本の映画興行収入デッドライン」というテーマでは、2000億円を超えたらアウト。映画作品リストには『タイタニック』や『トイ・ストーリー』シリーズや、今年、国内の興行収入が第1位になったことで有名な『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』などの人気作品があり、出演者を迷わせた。

先攻は、MCの内村光良率いる内村チーム。『劇場版 鬼滅の刃』『アルマゲドン』『アナと雪の女王』『キル・ビル』の4つを挙げ、3作品が100億~400億円超えだったが『キル・ビル』が25億円で、アンタッチャブルの山崎は「キル・ビル、そんなもんだったのか」と作品の人気と興収の差に驚いた。その後も、『モンスターズ・インク』が93億円、『世界の中心で、愛をさけぶ』が83億円と、予想していたより高い興収を記録した作品もあり、デッドラインを超えてしまった。

ザキヤマの体重はいったい何キロ?

続いて、「モノの重さで合計100kgを超えるな」というテーマで3チームが競った。リストには、蕎麦の出前に使う出前機(バイク)や、ペコちゃん人形、ザキヤマ、といったユニークな物も含まれていた。「あと6kgでアウト」という局面で、Hey!Say!JUMP山田涼介率いる山田チームが「マンホールの蓋」を選択。しかし意外にも重く、40kgでゲームアウト。レギュラー陣が「ザキヤマの重さが気になる」と訴え、山崎が「選ばれてないから発表しないで」と拒否するが、88kgと表示が出てしまう。恥ずかしがる山崎に、オードリーの若林が「大体あれぐらいだと思ってましたよ」と突っ込む一幕も。MCの内村はこの新企画ゲームについて、「1問が長くかかるっていうのもいいよね。のんびりやろうよ、日曜のお昼」と言って笑わせた。

※トップ画像は『スクール革命!』公式サイトのスクリーンショット

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ