【あの切り方】ネギのみじん切りが簡単にできちゃう技に「すげぇwww」「これは便利そう」と6万いいね - 上手に切るコツは?


多くの料理で名脇役として活躍するネギ。料理によってさまざまな形状にカットする必要がありますが、そこで今回は、ネギを簡単にみじん切りにする方法を紹介します。

こちらのシューフさん(@shuerff)の投稿をご覧ください。

皆さんご存知とは思いますが ネギの半分くらいまで斜めに切れ込みをいれ、反対側にも入れてから、端から切ると即みじん切りになります。
(@shuerffより引用)

みじん切りにも色々な切り方がありますが、シューフさんがTwitterに投稿したオススメの切り方は、この「蛇腹切り」と呼ばれるもの。

料理をする人の間では割とメジャーな切り方のようで、有名な料理人も実践していることから、今回の投稿を見て「平野レミ先生に教わりました!」「谷やんがいつもやってて綺麗」「もこみちもこれやってたよー」という声や、「学校で習いましたわぁ」という人も。日頃からこの方法で切っている人からは、「飛び散らないからこのやり方好き」「いつもこれでやってる」「ほんと蛇腹切りが1番簡単!!」といった声が多数寄せられていました。

一方、この投稿を見て初めて知ったという人からは、「なんだって!」「全然ご存知なかった」「すげぇwww」「ほーん、これは便利そう」「昨日知りたかったですね」と驚きの声が続々と。メジャーな切り方と思いきや、料理を始めたばかりの人はもちろんのこと、今まで蛇腹切りを目にすることが無かった人も割と多いようで、この投稿に6万ものいいねが付いていました。

さて、知ってはいたものの、「これなかなかうまくいかないんだよぉ!」「成功したこと一回もないわ、なんかネギが変なことになる」「包丁が悪いのか、はたまた自分の腕が悪いのか」と、うまく活用できずにいる人も目立ちました。

どうやったらうまくみじん切りできるのか、ツイ主のシューフさんに聞いてみました。

○ツイ主さんに聞いてみた

―― シューフさんは、この切り方をどこで知ったのですか?

シューフさん:確かどなたかのツイートかリプライだったと思います。その時は言葉での説明だったのでピンとこず、しばらくは試しませんでしたが、かなり経ってからふと思い出して試して以降、この方法です。

―― 「なかなかうまく切れない」という人も多いようです。切り方のコツなどがあれば教えてください。

シューフさん:上下の両面から切り込みをいれることですが、その際に包丁を傾けて持つのがポイントです。切っ先がまな板に当たるときに、手元に近い部分は少し高く保ちます。そうすることで下まで切り落とさずに切り込みが入れられます。また、切り込みの方向は、上下をひっくり返したときに同じ方向の斜めに切ると、上下で切れ目がばってんのようになるため、ネギがバラバラになることがありません。

確かに、斜めに入れる包丁の向きを間違えてしまうと、ただの斜め切りのネギになってしまいますよね。この方法をお試しの際は、くれぐれもご注意を!

皆さんご存知とは思いますがネギの半分くらいまで斜めに切れ込みをいれ、反対側にも入れてから、端から切ると即みじん切りになります。 pic.twitter.com/a4f7hmsQHF— シューフ (@shuerff) October 10, 2021

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ