なかやまきんに君、“筋肉芸人”一筋21年「死ぬまで続けたい」 筋肉至上主義で唯一無二の存在に


●芸風を確立「不安はないけれど安心もしていない」
2000年にピン芸人としてデビュー以来、筋肉芸人という新たなジャンルを切り開いてきたなかやまきんに君。現在は、お笑い芸人として活躍するかたわら、登録者数130万人を超えるYouTubeチャンネル「ザ・きんにくTV」や、ボディビルの大会に参加するなど、お笑いと筋肉を融合させた唯一無二の存在として活躍している。そんなきんに君が、21年という芸能生活を振り返った。

高校生のとき筋トレを始めたというきんに君。そのきっかけは「格好いい体になりたかったから」という単純な動機だったようだが、思い返せば、子どものころから人間の体や健康に関して興味があり、食べものの裏側に記載されている成分表などをチェックするような小学生だったという。

しかし、実際筋トレを始めると、その奥の深さに魅了されていった。「最初はただ筋肉を大きくしたいところからスタートしたのですが、筋肉の付き方を考えると解剖学の分野になるし、栄養のことも学ぶ必要がある。さらに睡眠や自律神経など……深く真剣に向き合うと、いろいろなものに通じていくんです」。

一方で吉本興業が主催するNSC大阪の22期生を卒業。お笑い芸人という大きな目標もあった。

「コンビを目指していたので、相方を探したのですが、なかなか合う人と巡り合えなかったんです。そんななか、タンクトップ着て筋肉があるっていうだけで、なにかと目立っていたので先輩のイベントに呼ばれたりして、そこで面白がってもらい、芸名を付けてもらったりしたんです」。

そんななか、テレビのオーディションがあり、芸名が必要になり、以前先輩に付けてもらった芸名を使うようになり“なかやまきんに君”が誕生した。しかし、当時はまだ「“筋肉芸人”として生き抜くんだ」という強い思いはなかったという。

「意を決して『これで行くんだ』という感じでもなかったです。もちろん筋トレは好きだし、筋肉が自分の持ち味だとは思っていましたが、『絶対これでやっていくんだ』という強い意志はなかったんです」。

それでもテレビ等への露出が増えると周囲から「きんに君」と声をかけられることが多くなり、自然と“芸風”に対する不安はなくなっていった。「筋トレは好きでやっていることだし、この芸風を辞めるという選択肢もない。そういう意味で『これでいいのだろうか』という不安はないですね」。

ブレずに続けてきたことで、唯一無二の存在として、強い個性を発揮しているが「もう安泰だな……なんて気持ちはいまでもまったくないですね。いつ受けなくなるか分からない世界ですからね。安心感はないです」と胸の内を明かす。

●筋肉は大切なパートナー「筋肉を裏切ってはいけない」

とは言いつつ、20年以上真摯に向き合ってきた財産は、誰もが真似できるものではない。10月13日には、25年の筋肉トレーニング歴の集大成とも言える『なかやまきんに君の[日めくり]パワー!ワード!』が発売される。

本書には、きんに君の“筋肉哲学”が詰まった、毎日の体づくりをサポートする31の筋肉メッセージが綴られている。「僕は常日頃から、筋トレは人生の教科書と言っているのですが、生きるうえで大切だなと感じていることがいっぱい詰まっています」と自信をのぞかせる。

金言が詰まった本書だが、なかでも「筋肉を裏切ってはいけない」という言葉が、きんに君の思いのすべてを言い表しているというのだ。

「普通の人は、自分の体は自分のものだから、自分でどうしようと勝手だろうと考えると思うのですが、僕にとって筋肉は大切なパートナーだと思っているんです。筋肉によって仕事させてもらっているし、筋トレがあったおかげで、目標を持つことができた。筋トレも“やっている”ではなく“させてもらっている”という考え。筋肉に負担をかけるようなことはしたくないので、食事とか睡眠にも気を使っています。だから『筋肉を裏切ってはいけない』なんです」。

●筋肉芸人の難しさ「24時間筋肉と向き合わなければいけない」

徹底した筋肉至上主義。前例のない道は、芸人としては難しいことも多かった。

「例えば漫才師を目指すなら、なんとなく自分の好きな漫才のパターンとかを勉強して、取り込んでいくと思うんです。でも当時筋肉芸をやっている人はいなかったので、どうやっていいのかまったく想像つかなかったんです。基本的に失敗が前提ですよね。そうじゃないと始まらないんです」。

さらに先輩との付き合いという部分でも大きな障害があったという。

「筋トレって真面目にコツコツやらないといけない部分でもあるんですよね。当時の芸人の考え方って、仕事したあと、みんなでご飯や飲みに行って、お話をして、そこでフリートークの技術を上げたり、エピソードトークのネタに使ったりするやり方だと思うんです。でもお酒を飲んだり、遊んでいたりすると筋肉が育たないので、自分はそれができない。すごく不安だったし、怖かったですね」。

一方で、毎日の筋トレ、食事管理など24時間筋肉と向き合える芸人なんて自分以外いない……という自信もあった。「ある意味でライバルがいないんですよね。だから滑っても生き残れたんだと思います。もっと言えば、筋骨隆々だと強くて怖いイメージがあるじゃないですか。そんななか、失敗しまくって滑り倒して突っ込まれたことで、うまく筋肉とお笑いが融合できたのかなとも思うんです」。

そこには先輩芸人の温かい眼差しもあった。「大阪当時の先輩がいま全国ネットでも活躍されています。FUJIWARAさん、陣内智則さん、ケンドーコバヤシさん、小籔千豊さん、サバンナさん、フットボールアワーさん、チュートリアルさんなど多くの先輩に突っ込んでいただけたのは大きかったです」。

●ボディビル大会で優勝! 目標は「80歳で世界大会に」

芸人と筋肉のハイブリッド。今年行われた「第29回東京ノービスボディビル選手権大会」ミスター75キロ超級で優勝を飾った。大きな目標にしていたボディビル大会での優勝は、どんな意味をもたらしたのだろうか――。

「2015年から大会に参加していたのですが、ずっと準優勝続きて、あと一歩のところだったんです。自分では毎年、前年よりは成長していると思っているなか、なかなか優勝ができなかったので悔しかったのですが、ようやく優勝できました。なんか月並みな言葉になってしまいますが『諦めない気持ち』ってやっぱり強いんだなと思いました。芸人としても、こうして優勝できたことで、僕がやっているYouTubeチャンネルに興味を持ってくれる人も増えますし、取材もしてもらえたりするので、仕事につながるいいきっかけにはなったと思います」。

「何歳から始めても絶対成長できるんです」という筋肉の神秘。きんに君自身も「死ぬまで続けたい」と目を輝かせると「怪我に注意しなければいけませんが、まだまだ成長する自信があるし、成長している先輩もいますからね」と断言する。目標は大きく世界。「いまの年代のレベルだと世界の壁は厚いですが、60代、70代になれば辞める人も増えてくる。僕はずっと続けて、80歳で世界大会に行きたいです」と目標を掲げる。

筋肉芸人としても「80歳で『パワー!』ってやったらウケるかもしれないですね」と笑うと「年齢によって学ぶことも違うので、死ぬまで成長できるのが魅力。期待してくれる人を裏切らないように、これからも頑張っていきたいです」と前を向いていた。

■なかやまきんに君
1978年9月17日生まれ。福岡県出身。吉本興業のNSC大阪22期を卒業し、2000年にピン芸人としてデビュー。2003年「第24回ABCお笑い新人グランプリ」で審査員特別賞を受賞、「R-1ぐらんぷり2006」で決勝に進出するなど、元祖筋肉芸人として活躍。2006年米・ロサンゼルス“筋肉留学”し、2011年サンタモニカカレッジ運動生理学部卒業。2021年5月に第29回東京ノービスボディビル選手権大会75kg超級で優勝を果たすなど、ボディビルダーとしても活躍。YouTubeチャンネル「ザ・きんにくTV」の登録者数は130万人を突破し、人気を集めている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ