ナイツ土屋、映画『浅草キッド』出演を「嘘じゃない」と証明するも「本当に土屋さん?」の声

今年12月9日より全世界独占配信されるNetflix映画『浅草キッド』は、芸人としてはもちろん映画監督・北野武として“世界のキタノ”と評される天才・ビートたけしに焦点を当て、彼の師匠・深見千三郎との日々を描いた青春映画である。たけしを敬愛する劇団ひとりが監督・脚本を務め、たけし役には柳楽優弥、深見役に大泉洋など実力派俳優が出演することも話題となるなか、たけしの相方・ビートきよし役で出演するのがお笑いコンビ・ナイツの土屋伸之だ。すでにティーザー予告や場面写真にも登場しているが、あまりに役になじみ過ぎているのだろうか、土屋を見つけられないファンが続出している。

たけしの自叙伝を原作とした同作の舞台は、昭和40年代の浅草。大学を中退し伝説の芸人・深見千三郎に弟子入りしたたけしが師匠との修行や仲間達との出会いを経て、“芸人・ビートたけし”を誕生させるまでを描いている。

土屋伸之が演じるのは、たけしと共に漫才コンビ「ツービート」を結成し一躍人気者となったビートきよしだ。今月10日には場面写真が公開され、たけし役の柳楽優弥と漫才で息を合わせる様子が披露された。

実は先月公開されたティーザー予告映像では出演シーンが6カットもあったにもかかわらず、「何回見ても認識できません」との声が相次ぎ、土屋は「正解率の低さに絶望しました」と肩を落としていた。ただ今回ばかりは自信があったようで、翌11日に更新したインスタグラムで「やっとこれで嘘じゃなかったとわかってもらえますよね…?」と今回の場面写真を投稿している。確かにこれまでとは違いはっきりと写った土屋の姿に「やっと確認できた!」とフォロワーを安堵させたようだが、お馴染みのメガネを外し髪型も変えた土屋には「本当に土屋さん?」「ますます分からない!!」と困惑するファンも少なくないようだ。

ちなみに土屋は以前、現実の相方である塙宣之が出演するドラマ『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系)に刑事・谷保健作として出演した際は少ない出番ながらもコミカルな演技が話題となり、2回目の出演時は台詞が大幅に増えたという実績がある。その演技を主演の内藤剛志も「もう役者として食っていけると思う」と大絶賛、昨年めでたく3度目の出演を果たしていた。『浅草キッド』でも予告の時点ですっかり本人の気配を消し、10歳以上年の離れた柳楽とも年齢差を感じさせない姿を見せている土屋。本編ではビートきよしとして、どんなツッコミを見せるのか楽しみである。

画像2枚目は『WEFAナイツ土屋 2021年10月11日付Instagram「#Netflixオリジナル映画「浅草キッド」の場面写真が、このほど披露されました!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ