AKB48横山由依、メモリアルブック発売決定 “12年間の思いぎゅっと凝縮”

dwango.jp news


2009年9月20日、AKB48の9期生オーディションに合格した横山由依

2015年12月8日から2019年3月31日までAKB48グループ2代目総監督を務めた彼女が、約12年間のAKB48としての活動に幕を閉じ、卒業することを発表。11月27日にパシフィコ横浜で卒業コンサート、12月9日にAKB48劇場で卒業公演をおこなう。



このたび卒業を記念して、卒業メモリアルブック『(タイトル未定)』(光文社)を、11月27日に発売することが発表された。

50ページに及ぶ撮り下ろしに加え、12年間の軌跡を振り返る「ゆいはんHISTORY」、現総監督の向井地美音との対談、総合プロデューサーの秋元康氏との対談も予定。また、卒業生、現役メンバーをはじめ、たくさんの方からのメッセージや思い出写真も満載。ほかに1万字インタビュー、名言など、横山由依の12年間を凝縮したメモリアルな内容となっている。

<横山由依コメント>

卒業のメモリアルブックを出すことが決まって本当に嬉しいです。

通い詰めたレッスン場やレコーディングスタジオ、劇場など思い出の場所を巡りながら撮影したり、私の12年の思いがぎゅっと詰まった一冊になっています。

ぜひたくさんの方に見ていただきたいです

なお、本作の発売に際して、写真集公式ツイッター・横山由依卒業メモリアルブック【公式】を開設。最新情報、オフショット、メイキングムービーなどのコンテンツが発信される。

撮影/桑島智輝

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ