ママモデル・辻元舞、子育てに苦労で涙 指原莉乃「勝手にすごく好きになっちゃいます」

モデルプレス

【モデルプレス=2021/10/12】モデルの辻元舞が、11日放送のMBS・TBS系バラエティー番組『100%!アピ~ルちゃん』(よる9時~)に出演。自宅でのリアルな育児の様子を公開し、共感の声が集まった。

◆辻元舞、自宅での育児の様子を公開



雑誌『VERY』モデルで、TBS系『プレバト』では芸術系7部門で特待生の辻元は、5歳と2歳の2人の男児のママ。番組では、辻元の自宅での生活に密着した。

「子どもが生まれる前にすごくこだわって家具を揃えた」というオシャレな自宅だが、アンティークの家具にはクレヨンの跡、床には防音マット、子どもたちが突き破ってしまうせいで網戸も全部破れているなど、子育て家庭ならではの悩みが。

さらに2人の息子が帰宅した後は、辻元は夕飯の支度、入浴、子どもの歯みがきと休む間もなく動き続け、午後8時になりやっとスマホチェック。「今5時10分にきてるLINEをやっと見ました。この時間は既読にするのが精一杯ですね。返事までは返せない」と忙しなさに苦笑いした辻元は、「化粧水塗ってクリーム塗っただけです。押し込むとかは全然できてないですね」とすっぴん姿で「疲れましたね…。お風呂に入っただけなのに」とつぶやいた。

そして、辻元の夫からは「スタッフさんが帰った後『あれ?いないなぁ。どこ行った?』と思ったら、キッチンの隅っこで泣きながらヨーグルト食べてました」と密着終了後の辻元の様子を明かされた。辻元は「なんで言うの!」と抗議しつつ、「すごく自分に余裕がなくなって、『こんなはずじゃなかった…』って隅っこで座ってヨーグルト食べながら泣いてました」と振り返った。

◆辻元舞、コロナ禍での育児の苦労を明かす



また、辻元がコロナ禍での育児の苦労を明かす場面も。「コロナの時はめちゃくちゃ大変でした」という辻元は、「どこにも行けないし、公園とか行っても『辻元さんですか?』って声かけられると気まずいし。私は仕事で『おうち時間どう過ごしてますか?』とか提案しないといけない立場だった。ママモデルとしてどう過ごしてるかみたいなのを発信しないといけない。それが結構しんどかったですね」と振り返った。

◆辻元舞のリアルな子育ての様子に共感の声



辻元のリアルな子育ての様子に、指原莉乃は「勝手にすごく好きになっちゃいますね。みんな生きてるんだって安心します」とコメント。SNS上でも「色々共感して泣いてしまった」「普通のママっぽくてホッとした」「子育てに奮闘してるリアルな姿も素敵だった」「育児しながら仕事頑張っててあんなにキレイなんて尊敬する」などと共感や称賛の声が上がった。(modelpress編集部)

◆辻元舞(つじもと・まい)プロフィール



1987年2月6日/京都府出身

2005~2008年まで、USJのテーマパークダンサーとして活動。2009年より、CMや広告をはじめ、テレビドラマや映画作品にも出演し、「気になるあのCM美女」として、注目を集める。

情報:MBS・TBS

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ