三菱自動車、新型「アウトランダー」のPHEVモデルに進化させた四輪制御技術を採用


三菱自動車工業は新型「アウトランダー」のPHEVモデルに進化させた四輪制御技術を採用する。同社サイトにて順次、最新情報を掲載していく予定だ。

今冬に発売予定の新型クロスオーバーSUV「アウトランダー」のプラグインハイブリッド(PHEV)モデルに、進化させた車両運動統合制御システム「S-AWC」(Super-All Wheel Control)を採用する。さまざまな天候や路面において安全・安心で快適な走りを提供するシステムだ。

同モデルは、前後それぞれに1基ずつ駆動用モーターを搭載するツインモーター4WDを採用。モーター特有の高い応答性や前後モーターを高精度で自在に制御できるという利点をいかし、前後輪の駆動力を路面状態や運転状況に応じて最適に配分する。これにS-AWCを組み合わせ、「走る」「曲がる」「止まる」という運動性能を飛躍的に高めている。

今回のS-AWCでは、従来は前輪のみだった左右輪のブレーキ制御を後輪にも追加することで、従来よりも前輪への負担を軽減。四輪のタイヤ能力をいっそうバランスよく最大限に引き出すことが可能となり、ドライバーの思い通りのハンドリングを実現し、あらゆる状況で安全・安心で快適な走りを提供するという。

さらに、路面状況や運転スタイルに応じて選択できる7つのドライブモードを設定。舗装路での通常走行に最適なNORMAL(ノーマル)モードを基本とし、未舗装路や濡れた舗装路での操縦性と走破性をバランスさせたGRAVEL(グラベル)モード、雪道などの滑りやすい路面で車両挙動を安定させるSNOW(スノー)モードといった路面状況に応じたモードのほか、力強い加速が必要な場合のPOWER(パワー)モードや環境に優しく経済的なECO(エコ)モードなど、運転スタイルに応じた豊富なモードを用意している。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ