顔相鑑定(124):増田貴久はコミカル童顔 なのにセクシーな理由を解き明かす

fumumu


池袋絵意知 顔相占い

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回はドラマ『古見さんは、コミュ症です。』(NHK総合)で主演を演じるNEWSの増田貴久さん。

池田エライザさん演じる人付き合いが苦手な“コミュ症”の古見硝子が、増田さん演じるフツーの男子高校生・只野仁人に声を掛けられたことから友達になり、自身の苦悩としなやかに向き合っていく癒やしの物語です。

■35歳が高校1年生役の衝撃


増田貴久

なんと35歳の増田貴久さんが約20歳も若い高校1年生役を演じる本作品。原作がオダトモヒトさんによる漫画というのもありますが、とてもコミカルに描かれています。

これがまた、童顔でちょっと漫画っぽい顔の増田貴久さんにマッチしていて、笑いがありながらちょっぴり泣かせる作品となっています。

今回は増田さんのお顔から、童顔の印象と漫画顔の印象はどこからきているのかを中心に見ていきます。

関連記事:顔相鑑定(92):有村架純はタヌキ顔から猿顔に? 今年は女優として化ける年

■童顔の印象はどこから


もともとかなり丸顔の増田貴久さんが、前髪を目の上まで下ろした丸いシルエットの髪型にすることでより丸い印象になり、同時にパーツの配置が下寄りっぽくなっています。

顔の輪郭は縦に長いほど、そして、直線が多いほど大人顔になり、縦に短く丸いのは子供顔の大きな特徴です。

また、人間は幼ければ幼いほど目の位置が低く、大人になるにつれて目が上側になってきます。増田さんは目の位置を下側に見せることで童顔の印象を作っているのです。

■漫画顔の印象はどこから


目の位置を下寄りに見せている増田さんですが、パーツの配置的には外型です。目と目の間が若干離れていて、目から口の距離、鼻と口の距離が離れている拡散型のソフトフェイスです。

ドラマの主題歌『あたしたち』を歌うaikoさんもそうですが、拡散型の顔は「おおらか」「おっとり」「のんびり」「おもしろい」印象になり、コミカルな漫画顔っぽいイメージになりやすいです。

■子豚感があるのにセクシー


もうひとつaikoさんと共通しているのが、鼻の穴が前向きで鼻の穴が丸見えになっている点です。観相学的にはお人好しで人を信じやすいのが特徴で、人に騙されやすい顔相です。

丸顔とこの鼻の穴によって「子豚感」のあるかわいくて面白い顔になっているのですが、黒目は内寄りとは逆の外寄り。これは子供顔とは逆のほぼ大人にしか見られない相で、儚く色っぽい目をしています。

かわいい系コミカル顔なのに、目線だけは妙にセクシーに感じる理由がわかりました。

★最新情報や写真鑑定のお申込みは「顔相鑑定士 池袋絵意知公式サイト 」をごらんください。

・合わせて読みたい→顔相鑑定(103):横山裕はジャニーズには珍しいコワカッコイイ顔 向いている役は…

(文/fumumu編集部・池袋絵意知)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ