「おかえりモネ」菅波先生(坂口健太郎)の“宣言”に「ついに」「キュンが止まらない」の声

モデルプレス

【モデルプレス=2021/10/11】女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(総合:あさ8時~、BSプレミアム・BS4K:あさ7時30分~)の第106話が、11日に放送された。清原と俳優の坂口健太郎のシーンに反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

同作は「海の町」気仙沼に生まれ育ち、「森の町」登米で青春を送るヒロイン・永浦百音(清原)が、東京で“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく、希望の物語。

◆菅波、百音に宣言



気仙沼に戻ってきた百音は、東京にいる医師・菅波光太朗(坂口)と遠距離恋愛中。年末に仕事が入っている菅波は、電話越しに「年明けには、そっち行く」と宣言した。

「それは…」とその言葉の真意を確かめようとする百音に「そういうことだけど」と結婚のため百音の家族に挨拶をする予定だと明かした。

また「あなたの意志を確認せずに行くのはフェアじゃないので、来るなと言うのなら行かない」と続ける菅波に、百音は「来てください。嬉しいです、すごく」と笑顔に。

挨拶が苦手な菅波は、百音の「大丈夫です、先生。全力でフォローします」という言葉を受け、「お願いします。とても僕1人で乗り切れるような案件じゃないので…。助けてください」と可愛らしい本音を漏らした。

◆菅波の“挨拶宣言”に反響



放送後、視聴者からは「ついに挨拶に…!!」「朝からキュンが止まらない」「『それは』『そういうこと』ってはっきり言わずに分かり合う菅モネが尊い」など、多数の反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:NHK

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ