気分は電車の運転士【浅草東武ホテル】鉄道シミュレーターを体験するプランが登場

beauty news tokyo


鉄道好きなら至福の時間! それが【浅草東武ホテル】のオープン1周年プランに登場した、特別室「東武鉄道運転シミュレータールーム」。なにしろ客室には、運転士の訓練用に使っていた実物のシミュレーターが置かれます。もしこの部屋に泊まれたら、寝る間も惜しんで運転したくなること間違いなし。1日1組限定です。

電車好きの夢の部屋


「東武鉄道運転シミュレータールーム」は2021年11月4日まで、13時チェックイン、17時チェックアウトのデイユースプランを用意していて、2名1室のお値段はトーブにちなんで¥10,200とお値打ち価格。2021年11月5日からは宿泊プラン(料金など詳細は未定)が用意されます。



▲「浅草東武ホテル」は東武スカイツリーライン浅草駅のすぐ目の前。浅草寺やスカイツリーなど、観光にも便利です

ドアを開けると最初に目に飛び込んでくるのが車止標識と速度制限標識がデザインされたクッション。



▲客室に入ってまず驚くのは、ファン心理を突いた小物

天井近くに貼ってある側面方向幕は急行「りょうもう」ですが、あれれ、りょうもうは特急でしょ! と、にわかファンとオールドファンがここでふるいにかけられる。いきなり気分はマックスです。



▲4名向けのフォースルームを改装し、定員2名のシミュレータールームに変身。ソファも2脚用意された余裕のある間取りです

ホンモノの鉄道シミュレーターがリアルすぎ!


設置されているシミュレーターは、池袋-小川町間のATC(自動列車制御装置)導入にあわせ、運転士の習熟訓練用に使われたもので、ホンモノの運転台を転用。沿線のCG画像が映し出され、踏切の警報音や鉄橋の音も再現しています。今も2台が現役で稼働しているそうです。



▲客室に設置されたシミュレーターは、東武東上線を走る50070型の車両用<写真提供:浅草東武ホテル>



▲このシミュレーターは志木乗務管区で実際に使われたもので、訓練室で使われていた椅子も用意しています



▲東武50070型の運転台と同じ操作を体験。モニターに映る景色はシミュレーターの加減速にも対応し、ときには対向車両とすれ違うことも

正面のモニターに写るCGは、シミュレーターが開発された2013年当時の池袋-小川町間61.4kmを、ビルなどを含めリアルに再現しています。とはいえ、川越から先の田園風景が広がる一帯は「ちょっとカンタンな画?」になりますが…。とりわけ、和光市駅のすぐ横に2020年6月にオープンした系列ホテルが、影も形もないのは無念です!



▲T型のマスコンハンドルを前後に動かして、発車、加減速、停車を操作。その手ごたえも、本物の車両と同じです

利用客のために作られた運転シュミレーターの説明書は、家宝になることまちがいなし! 運転は慣れるまでちょっと緊張しますが、コツをつかめばハマります。この部屋に泊まったら、終電なしの終日運転です。



▲前方の景色や速度計、時には標識を同時に見ながらの運転は思いのほか大変。このシミュレーターを体験すると、運転士さんを尊敬しちゃいます。

駅の停止位置にうまく停まれないと、車両の扉が開らきません。もしホームをオーバーランしたら、バックが可能です。とはいえ、「我ながらカッコ悪いですが…」という具合に。まるで本物の電車を運転しているみたいでしょ。



▲運転台横のモニターを操作すれば、池袋ー小川町間の出発したい駅を選べたり、上下線、普通列車/急行列車、先行列車の選択など、マニアックな設定も可能です

ではまず、各駅停車で往復して、急行列車で走ってみて、ホームも変えて、緊急停止も試してみて……。これはもう、食料買い込んで徹夜で楽しむしかりません。でっ、居眠り運転しちゃったら、非常ブレーキがかかるんです!

客室に飾られた鉄道グッズもマニアック


鉄道グッズはこの部屋だけの特注品もあるので、チェックインしたら徹底的に撮影です。グッズによっては、現在とは異なるものを見つけることも。「鉄オタ」を自認するスタッフが考えた隠しワザを楽しめます。



▲色鮮やかなベッドスローは50070型の特別仕様



▲特注品の抱き枕は、鉄道ファンに人気の高い8000型。特に車両番号「8111F」は墨田区にある東武博物館の動態保存車両として、イベント列車や団体列車で時々活躍しています



▲本物の方向幕や、レプリカのヘッドマークも飾られます



▲壁の路線図はいつの? あるはずの駅がなかったり、今はない駅名が! あなたはいくつ発見できる?



▲往年のヘッドマークをモチーフにしたピンバッチも飾られています。それもずいぶんとマニアック!

本物の鉄道シミュレーターを体験できる【浅草東武ホテル】。1人で独占したいならシングル利用も可能です(子供は12歳以上を推奨)。そしてなによりも運転士体験にどっぷりとハマりたい人は、白手袋をお忘れなく。それでは、【浅草東武ホテル】で子供の時からの夢、かなえてみてくださいね。<text&photo:湯川カオル子 予約・問:浅草東武ホテル www.tobuhotel.co.jp/asakusa>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ