『FNS歌謡祭』深田恭子が激ヤセ…“早すぎる復帰”に「芸能界って怖い」

まいじつ

深田恭子
深田恭子 (C)まいじつ

俳優の深田恭子が10月6日、『2021 FNS歌謡祭・秋』(フジテレビ系)に出演。激ヤセし朦朧とした姿に、ファンから心配の声が殺到している。

この日、ゲスト出演した深田は番組企画で『THE ALFEE×阿佐ヶ谷姉妹』の『星空のディスタンス』をリクエストし、「もともと高見沢さんと『堂本兄弟』でご一緒させて頂いていたんです」とコメント。

続けて、「『あ! 高見沢さんだ』と思ってテレビを観ていたら、コラボしているんだと最初思ったんですけど、途中から坂崎さんのコスプレをした(阿佐ヶ谷姉妹の)江里子さんがとてもソックリで…。何気なく歌っていたので、さらに見入っちゃいました。まさかの展開で、これは大好きです。何度でも観たい!」と嬉し気な様子を見せていた。

深田恭子の復帰は早すぎた?


しかし、深田は終始、笑顔は見せていたものの、声はかすれどことなく呂律が回らないしゃべり方だった。これに、ファンからは

《表情を見ただけで、まだ復調していないことは一目瞭然。しゃべり方も普通ではなかった。映画のキャンペーンのために無理に復帰させられた感じがする》
《芸能界って怖いですね。あの状態で出演を見合わせるという判断が出来る人間が周りにいないって…。誰がどう見てもいつもの深キョンじゃないよ》
《声を出すのも辛そう…。映画の宣伝のために強い責任感で復帰したんだろうけど、誰がどう見ても復帰が早いと感じる》
《たぶん抗うつ剤の影響かもしれないね。たった3カ月で治る病気じゃないし、メンタルはそれこそ年単位。1年くらい休ませてあげて!》

などと、深田の体調を気遣う声が殺到している。

「深田は15日から公開される主演映画『劇場版 ルパンの娘』の映画宣伝を兼ねて出演。『笑って泣けるエンタメ超大作。ぜひご覧ください』と視聴者に呼びかけましたが、深田のあまりにも痛々しい姿を見て、笑えないと感じたファンも多かったんじゃないでしょうか。深田は5月26日に〝適応障害〟による活動休止を発表し、9月2日に活動再開を報告しましたが、どうも映画の公開に合わせて無理に復帰したように感じられますね。頬がコケて声もかすれかすれの状態を見たら、復帰は時期尚早に思われます。ファンも気が気じゃないでしょう」(芸能記者)

深田は数年先まで仕事がぎっしり詰まっていて、これ以上休めないというのが事務所の判断だったようだが、頑張りすぎてまたぶり返さないかが心配だ。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ