「子供の叫び声に苦情殺到して引越しを…」 悩める母親の書き込みが悲痛

しらべぇ




海外掲示板に書き込まれた、ある母親からの悲痛な書き込み。子供を育てる親なら、思わず共感してしまうような悩みがつづられていたことを、イギリスの『Mirror』や『The Sun』が報じている。

■暴れまくる子供


海外掲示板『Reddit』に先日、ある母親から「わが子の叫び声に近隣から苦情が殺到し、引越しを余儀なくされています」という内容の書き込みがされた。

母親は、その子がこれまで甘やかされて育ってきたことを認めたうえで、何か気に食わないことがあると、すぐに大声で喚き、かんしゃくを起こすのだという。

泣き叫びながら地団駄を踏み、飛び回り、物を投げて暴れまくるわが子。その状態は数時間におよぶこともあり、もはや誰も手に負えないそうだ。

■近隣から苦情が殺到


日夜を問わずそれが起きるため、次第に相談者のもとに「あなたのお子さん、どうにかならないの?」「子供だからと我慢してきたけれど、もう限界ですよ」などと近隣住民から苦情が届くように。

周囲への迷惑を考えれば引越しせざるを得ない状況だが、転居先でも苦情が届き、同じことの繰り返しになるのは目に見えている。行く先もなく、彼女はただ困り果てているという。

■「私だって逃げ出したい」


相談者には、近くに育児を手伝ってくれる家族や知人がおらず、「私だって、毎日この状況から逃げ出したくてたまらない。ストレスのせいで片頭痛を患い、どうしたらいいか分からず突然泣いてしまう時もあります」とのこと。

子供が泣き叫んでいるときに遊びで気をそらそうとしたところ、子供がむしろ暴力的になり、眼球を傷つけられたこともあるというのだ。

「子育てがこんなに大変だとは想像していませんでした。この子は第一子なので、私は他のお子さんがどういう感じなのかわかりません。この子の振る舞いは普通でしょうか?」と書き込んでいる。

■コメント欄には様々な意見が


これには多くのユーザーが反応した。

「私の姪もそうでした。暴れまわり爪でひっかいて、親の顔や身体はいつも傷だらけでした。そんな姪も今は高校生になり、何の問題もありません」「養子に迎えた子がそうだった。自分と血の繋がった子供じゃなかったから余計につらかった」といった経験談。

他にも「私の友人の子供は、小児向けカイロプラクティックで改善されたらしい」「あなたがどこの国に住んでいるかで法律が変わってくる。アメリカやイギリスでは、子供の騒音ごときで家族を町から追い出すことはできない」「幼児が泣き叫ぶ時は耳に問題がある場合も。すぐに医者に診てもらって」などのアドバイスが届いた。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ