元『欅坂46』鈴本美愉が激ヤセ!「何か抱え込んでいそう」と心配の声

まいじつ


(C)Billion Photos / Shutterstock

2020年に『欅坂46』を卒業し、現在はアパレルブランド『Muléau(ムル)』をプロデュースしている鈴本美愉。そんな彼女の激ヤセぶりがネット上で話題になっているようだ。

10月5日に鈴本はインスタグラムで「Muléau」のアイテムを紹介し、それを身につけた自身の写真を投稿。白いトップスに緑のショーパンが印象的なコーディネートで、スラリと細い美脚を披露していた。



ファッションモデルとして申し分ないプロポーションだったが、「欅坂46」時代に比べてかなり痩せた印象を受ける。そのためネット上では、

《脚が病的な細さだな…》
《スネの骨がクッキリ浮き出てる… 今何してるか知らんけど、何か抱え込んでいそう》
《大丈夫か、すずもん…》
《筋肉が落ちてるのかな? 余計骨ぼねしく見えるね》
《あ…足を…足を細く見せるアプリ使ってるだけ…と思いたい…》
《もんちゃん足細すぎない? え、骨?》
《あなた足の細さどうなってんのよ》

などと心配する声が相次いでいる。

鈴本美愉は体型が変わりやすい? 激太りした過去も…


「鈴本は『欅坂46』時代から、体型がよく変わることで有名。2018年にかなり顔が丸くなった時期があり、太ったという指摘が相次いでいました。この時の鈴本はかなりストレスを抱えていたようで、2017年の『NHK紅白歌合戦』では、過呼吸になって倒れてしまう一幕も。デビュー時はかなり痩せていたので、現役の時はストレスで太っていたのでしょう。激痩せしたわけではなく、元の体型に戻っているのだと思われます」(芸能ライター)

鈴本が「痩せた」という声は、彼女が「欅坂46」を卒業してからチラホラ寄せられていた。ここにきて、たまたま足が強調されている写真が投稿されたために話題になってしまった可能性もある。

とはいえ、現在の鈴本は体調が気になるほどスレンダーな体型。引退直後の健康的なスタイルに戻ってほしいものだが…。インスタグラムの投稿を見る限り、本人は現在の体型に満足しているようなので、外野がとやかく言う必要もないだろう。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ