OKラインはどこ? 男性たちが見た彼女の“ケチ行動” #2「お風呂に入ったら…」

ウレぴあ総研

ケチと倹約家の線引きは人それぞれなので難しいですね。

例えば「ここまでしなくても」とドン引きされることもあるし「これならいいか」と理解されることも。

今回は男性たちに聞いた、これなら許せる! と感じた彼女のケチエピソードを紹介します。「もしかしたら私ってケチなのかも……」そう感じている女性は要チェックです。

「彼女のうちでお風呂に入った時の話です。

シャンプーを使おうとしたらボトルが見当たらず、詰め替え用の袋をクリップでとめたものがフックにかかっていました。

あれってなんだろうと思い彼女に聞いてみると『容器より詰め替えの方が安いから節約になるの』『それに私はワンプッシュだと量が多いし、少しずつ出せるから便利で』と言うので衝撃を受けて。

俺も最初はそこまでケチる? と思ったけれど、日用品だから“ちりも積もれば”でそこそこの出費になるし、目のつけどころがいいのかも。

意外とお金にしっかりしているんだなと感心しました」(27歳/システムエンジニア)

自分の考えにない節約術を目の当たりにすると誰でも驚きますね。

日常的に利用するものだと「生活のいいヒントになる」とケチと思われそうなこともプラスに働くのですね。

家庭を築いた時にしっかりお金を管理してくれるかも? と感じてもらえるかもしれませんね。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ