9月コミック・ランキング1位『ONE PIECE』、2位『東リベ』!

ハイブリッド型総合書店「honto」は、 hontoサイトと、 hontoサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂などで購入された書籍や電子書籍の販売データをもとに集計した「honto月間ランキング(集計期間:2021年9月1日~9月30日)」を2021年10月8日(金)に発表した。

9月のコミックランキングでは、第1位に『ONE PIECE(100)』がランクイン。記念すべき100巻目ということで、発売日にはtwitterなどSNSで盛り上がりをみせた。続く第2位、第3位には『東京卍リベンジャーズ(24)』、『怪獣8号(4)』と人気コミックの最新刊がランクインした。

総合ランキングでは、東野圭吾作のガリレオシリーズがTOP2を獲得。第1位となる『沈黙のパレード』は待望の文庫化となり、すべての性・年代ランキング で第1位に輝いた。2022年には福山雅治主演で映画化することも発表され、ますます追い風になっている。

続いて、2カ月連続の第3位となる雨穴作の『変な家』は、作者のYouTubeチャンネルで850万回以上再生された動画「【不動産ミステリー】変な家」を書籍化した一冊。第4位は、佐藤健、阿部寛主演で現在映画公開中の中山七里の『護られなかった者たちへ』がランクイン。

第7位は、前作が2019年の発売後から徐々に人気が高まり、本屋大賞(ノンフィクション本大賞)他多数を受賞したブレイディみかこ作『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー(2)』で、文庫化された際にもランキング上位の常連となっていたため、続編となる本作も注目を集めている。完結編となる本作では、13歳になった「ぼく」に訪れる親離れの季節が描かれている。

【画像】ランクインした書籍の表紙の画像など(5点)

通販ランキングでは、声優の下野紘が表紙の『TVガイドVOICE STARS Dandyism vol.3』が第1位を獲得。続く第2位『TVガイドVOICE STARS vol.19』にも、江口拓也、島崎信長をはじめとしたアニメ『ヴィジュアルプリズン』出演声優が勢ぞろいした。どちらもhonto限定特典で声優陣の生写真がつくとあって、発売前から予約が殺到した。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ