坂口健太郎、“本当にやばい”と思った真冬の過酷な経験を明かす「寒いし、痛いし…」

E-TALENTBANK


10月8日、フジテレビ系『めざましテレビ』に坂口健太郎がVTR出演した。

【関連】坂口健太郎、父親との“仲良し”エピソード明かす「一緒に洋服を…」

番組では今回、坂口らに対して、“自分探しをしたことがあるか?”といった質問が飛ぶ場面があった。

坂口はこれを受け、「自分探しかって言われるとアレなんですけど」と前置きしつつ、「年末、12月ぐらいに『僕なんか、やり残したことがありそうだな』って考えてた時に、『よし!滝に打たれに行こう!』と思って。無心になりたいなっていう時があったのかもしれない」と、真冬に滝行をしたことを明かした。

一方で、その結果については「でも全然、無心にならなかったです。もうやばいなっていう感じ、『やばい、このままいったら本当にやばいぞ』っていうのだけ、ずっと頭にあって、全然無心にはなれなかったですよね」「12月だったので、寒いし、痛いし…」と話していた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ