京都の夜はホテルのバーへ【モクシー京都二条】のおすすめカクテル&優しい朝食

beauty news tokyo


マリオット・インターナショナルのグループホテルながら、リーズナブルかつ、ファニーで居心地のいい【モクシー京都二条】。今回はバーメニューにあるウェルカムドリンクから4種類のオリジナルカクテルと、おすすめのモーニングを紹介します。

モクシーらしさを味わうカクテル


宿泊客には、ウェルカムドリンクとしてオリジナルカクテルやビール、ソフトドリンクなどから無料で1杯いただけます。注文したドリンクはラウンジや客室でも愉しめます。



▲バーは24時間営業で、宿泊以外の方も気軽に利用できます ※京都府からの時短要請等により、予告なく営業時間やメニューを変更することがあります

バーの街、京都。マリオットのグループホテルには、バーにシグネチャーカクテル(そのバーの代表的なカクテルのこと)を用意することが多く、ここ【モクシー京都二条】も4種類のオリジナルカクテルがお客さんを待っています。

「モクシーピンク」は、ピーチリキュールをベースにカンパリで割った、その名の通りピンク色のカクテル。甘さの中にもちょっと苦みがあって、女性に人気です。



▲ホテルの名を冠したカクテル「モクシーピンク」

「京DEトロピカル」は、パッションフルーツをメインにしたトロピカルな味わい。ほんのり香るバニラがアクセントです。



▲暑い京都にピッタリの「京DEトロピカル」

ハイボールに山椒の実を落とした人気のカクテル「薑-ハジカミ-」は、ふわっと広がる山椒の風味がポイントです。



▲日本を表現した「薑-ハジカミ-」

薑(はじかみ)は、日本最古の書物「古事記」にも登場する生姜の古語で、山椒の「椒」も同じくはじかみと読みます。モクシーの中でも日本色が強い京都二条にふさわしいカクテルです。

レッツ会話!「なぜ月にウサギが描かれているの?」と、スタッフや近くの日本人宿泊客に尋ねる方はインバウンドのお客様。会話のきっかけを作るツールです。



▲ラウンジの一画に設けられた書院造り風のスペース。丸いお月様にスケートボードをするウサギが描かれます

そんな月のウサギをモチーフにした「スケーターラビット」は、ホワイトラムとサザンカンフォート、ヨーグルトリキュールで作るウサギのように真っ白なショートカクテル。



▲ラウンジの月ウサギをモデルにした「スケーターラビット」

レモンを絞れば、さっぱりとしたヨーグルト風味に酸味が加わるお洒落な味に。お酒が苦手な人も、これなら楽しく乾杯できます!

モーニングは2種類からチョイス


6時30分から10時までのモーニングには「ワッフルセット」と「おかゆセット」を用意。フリードリンクのコーヒーや紅茶、ジュースなどがついています。



▲キッチンに吊るされているのは、お寺で時刻や御飯の合図に打ち鳴らす魚梆(ぎょほう)という道具。モクシーカラーの黒ピンクに染められ「ボナペティ(召し上がれ)」と書かれています



▲黒板のメニューもポップです



▲ワッフルセットにはサラダや鶏の唐揚げ、フルーツがついています



▲野菜たっぷりのコンソメスープは、どちらのセットにもついています



▲夜更かしした方には、身体に優しいおかゆセットがおすすめ。ほんのり塩味とお米の甘味で、優しい味わいを楽しめます



▲おかゆには味のついた鶏肉やクコの実がのっていて、初めにお米を味わった後、混ぜながら食べ進めましょう

おかゆにはホテルのスタッフだけが知っている裏ワザの食べ方があって、食事の終盤に温泉卵の出汁をかけると、よりいっそう美味しく食べらるそうです。



▲京都らしいおばんさいや、しば漬け、壬生菜など、日替わりの京漬物もおいしいです



▲ピンクの熊も朝食をゲット

バーの街としても知られる京都。ここ【モクシー京都二条】のオリジナルカクテルは、京都の夜にピッタリ。美味しいモーニングとともに、ぜひ味わってしてみてくださいね。<text&photo:みなみじゅん 予約・問:モクシー京都二条 https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/ukyox-moxy-kyoto-nijo/>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ