ゲーミングチェアの座面にフィットする「ゲーミング座布団」に新作が登場


ビーズはこのほど、ゲーミング家具ブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」から、高品質ウレタンに独自のカット加工を施したクッション「ゲーミング座布団J GZ-200JP」(価格はオープン、参考価格1万4,025円)を発売した。

ゲーミング座布団とは、ゲーミングチェアの座面にフィットする専用形状の後付けクッション。2018年に発売した初代モデルは腰痛持ちのゲーマーを中心に話題となり、わずか2カ月で初回メーカー在庫が完売した。現在は異なるコンセプトのモデルを含め、累計販売数1万5,000個を超える人気シリーズとなっている。

今回発売する同商品は、寝具の老舗メーカー・西川に製造を依頼したシリーズ初となる日本仕立てのクッション(カバー、携帯用バッグは中国製)。成形・加工から検品まですべてを、国内のウレタン加工専用工場で行うなど、最新鋭の設備・高い技術力で作り上げた高品質な座布団であるという。

クッションには、特殊なカット加工を施した「パラレルキューブ」構造を採用した。小さな山型の切れ込みがキューブの倒れ過ぎを防ぎつつ、身体の凹凸にあわせて適度にクッションが沈み込む。お尻側・太もも側で大きさの異なる28個のキューブの配置を調節したことにより、抜群のフィット感を実現させた。

快適な座り心地のために、下層部には体重をしっかり支える高硬度ウレタン、上層部には適度に沈み込むやわらかい「DUOCELLフォーム」と、硬さの異なる2種類のウレタンを重ねている。適度に沈み込むやわらかい素材で、お尻をやさしくサポートするとのこと。

長時間座っていてもムレを感じにくいように、通気性に優れるDUOCELLフォームと汗や湿気を効率よく分散できるカット加工を採用した。カバーの中心部と前後側面にはメッシュ生地を採用し、空気が流れやすいよう配慮している。カバーは、取り外して洗濯機での丸洗いが可能。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ