上原理生がレイとジュウザに! ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』ビジュアル撮影レポート

SPICE

全世界、累計発行部数1億部超えの伝説的人気コミック「北斗の拳」が、日本発のオリジナルミュージカルとして、2021年12月、東京・日生劇場にて上演される。タイトルは、ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』。音楽にフランク・ワイルドホーン、演出に石丸さち子、脚本・作詞に高橋亜子というトップクリエイターたちが集結して創作される注目の本作において、原作でも人気の高いレイとジュウザの役は、歌唱力に定評ある伊礼彼方と上原理生が回替わりで交互に演じる。このほど、上原理生のビジュアル撮影のレポートが届いたので紹介する。

2021年7月下旬、ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』でレイ役とジュウザ役を演じる、上原理生のビジュアル撮影が行われた。

まずは、ジュウザ役の撮影からスタート。スタジオでは、ロック音楽が流れていた。上原は時折歌詞を口ずさみ、リラックスしているように見えた。ジュウザと言えば前髪が印象的なビジュアルだが、その絶妙なヘアスタイルを納得のいく形で再現しようと、議論を重ねながらヘアスプレーや櫛で整えていき、「正解」に一歩一歩近づけていく。
上原理生 ジュウザ役ビジュアル撮影の様子  (C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111
上原理生 ジュウザ役ビジュアル撮影の様子  (C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111

印象的だったのは、上原のポージングの完成度。撮影の際、原作者サイドから細かなポージングの指導があるのだが、上原自身、「手をちょっと研究してきたんですよ」とはにかみながら語るように、原作の絵を見たら、そのまますぐに体現できてしまうのだ(指の角度まで!)。

撮影の途中、「女子風呂に飛び込むような感じで!」という指示が飛んだのだが、それも実は原作に盛り込まれているエピソードの一つだそう。すぐにそれを理解した上原は、スタッフの期待以上の表情と動きを見せてくれた。
上原理生 レイ役ビジュアル撮影の様子  (C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111
上原理生 レイ役ビジュアル撮影の様子  (C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111

続いては、レイ役の撮影へ。1時間のヘアメイクと衣装替えで、様変わりした上原。こちらも事前に仕込んできたのだろうか。手を交差させた状態で眼光の鋭さが際立つショットや、肩越しの寄りのショットなどを、要領よくポージングをしていく。撮影の合間には、スタッフ陣と原作話で盛り上がる様子も見られて、撮影そのものを楽しんでいたように思う。

上原が体当たりで臨んだジュウザとレイの違いはもちろんだが、Wキャストの伊礼彼方との雰囲気の違いも見比べると面白い。果たして本番の舞台ではどんな姿を見せてくれるのか、期待したい。

上原理生 コメント


少年だった者ならば、誰しもが一度は読んだことがあるであろう「北斗の拳」。まさかその「北斗の拳」がミュージカル化されて、しかも自分が出演するとは夢にも思っていませんでした。どんな舞台になるのか、正直まだ想像がつかないのですが、面白いことになりそうだなという予感がしています。

今日のビジュアル撮影は、原作を読み込んでいたので、人物像をある程度分かった上で、臨むことができました。

一つの舞台で二役を交互に演じるというのは、僕自身初めての経験です。役の演じ分けももちろん必要でしょうし、何より原作ファンの方がたくさんいらっしゃる作品。漫画のキャラクター(ラオウ)の葬式に3000人以上ものファンが集まるなんて、そんな作品、他にはないですよ(笑)※ ラオウの死を悼む“ラオウ昇魂式”に3,000人を超えるファンが焼香に駆けつけた。

皆さんの中にそれぞれ「北斗の拳」の世界観があると思うので、ファンの皆さんから見て、失礼のないように務めたいです。その上で、舞台上でどんな描き方ができるのか、可能性を追求してやっていけたらいいなと思います。

本番は12月の公演で、外は寒いと思うのですが、劇場の中の熱気はすごいでしょうね。まだ本格的に稽古に入っていないので分からないですが、汗と血を流しながら稽古することになるでしょう。

熱い漢(おとこ)たちの物語なので、一人ひとりに何かしらメッセージや思いを届けられたらいいなと思います。その熱気を感じに劇場へ来ていただけると嬉しいです。

取材・文・撮影=五月女菜穂

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ