【ハリポタ】幻想的なクリスマス体験!約9mのツリー「ホグワーツの魔法の樹」も登場

ウレぴあ総研

「Marunouchi Bright Christmas 2021『ハリー・ポッター』魔法ワールドからの贈り物」が11月11日(木)~12月25日(土)、大手町・丸の内・有楽町エリア及び常盤橋エリアで行われる。

■シリーズ第1作目公開から20周年のメモリアルイヤー

世代を超えて、今もなお、多くの人を魅了し続けている「ハリー・ポッター 魔法ワールド」。そして2021年は映画シリーズ第1作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』が公開されてから20周年を迎えるメモリアルイヤーだ。

この記念すべき年のフィナーレとして、大丸有エリア及び常盤橋エリアでは「ハリー・ポッター 魔法ワールド」とコラボレーションした企画でクリスマスシーズンを彩る。

エリア各所で物語の世界が表現され、まるで魔法にかかったようなクリスマス装飾で訪れた人にとって「ハリー・ポッター 魔法ワールド」の魅力とともに、幻想的で心温まる魔法の様な時間となるはずだ。

■ハリポタの世界観を体現した「クリスマスツリー」も登場

丸ビル1階マルキューブには、高さ約9mのメインツリー「ホグワーツの魔法の樹」が登場。3Dホログラムディスプレイを使用し、物語に登場する魔法生物や映画の名シーンを再現した演出のライティングショーが楽しめる。

また9月9日にオープンした新商業ゾーン・TOKYO TORCH Terraceに隣接する大規模広場TOKYO TORCH Parkには、都内最大級の巨大ツリー型イルミネーション「ふくろう便の樹」が登場。夕方以降は光り輝く流星の様なツリーも見ることができる。

さらに、エリア各所には『ハリー・ポッター』及び『ファンタスティック・ビースト』シリーズの世界観を体現したクリスマスツリーが飾られ、訪れた人を魔法の世界へと誘う。

期間中にはシリーズ1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』を中心に、シリーズを振り返りながらエリア各所を巡るデジタルスタンプラリーの開催や、期間中の一部店舗で限定アイテムの販売、加えてポップアップショップではグッズも多数取り揃えられる予定だ。

TOKYO TORCH Terraceのオープンを皮切りに、2022年の丸ビル20周年に向けてさらなる盛り上がりを見せる大丸有エリア。

今年のクリスマスは、大切な人と心温まる魔法の様な時間を過ごしてはいかがだろうか。

■企画情報

■「Marunouchi Bright Christmas 2021『ハリー・ポッター』魔法ワールドからの贈り物」

期間:2021年11月11日(木)~12月25日(土)、45日間予定

会場:丸ビル・TOKYO TORCH 常盤橋タワー・丸の内ブリックスクエア・丸の内オアゾ他

※新型コロナウイルス感染拡大状況に応じて内容に変更の可能性あり。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ