嫌な気持ちを忘れさせてくれる風水術4選

yummy!


嫌な気持ちを忘れさせてくれる風水術4選

仕事、人間関係、恋愛――毎日生活をしていると、いろいろなことが起こりますよね。
仕事でミスをすることもあれば、人間関係に悩まされることもあるでしょう。
そうしたとき、少しでも気持ちのリフレッシュができたらいいなと思いませんか?
そこで今回は、嫌な気持ちを忘れさせてくれる風水術を集めてみました。
気持ちをズルズルと引きずってしまって、ネガティブモードになってしまうみなさんへ。ぜひおまじないだと思って、気分転換に試してみてはいかがでしょうか。

目次

早寝早起き


嫌な気分で頭がいっぱいになったとき、仕事での考え事が止まらなくなってしまったとき。あれこれと考えてしまい、就寝時間が遅くなってしまうことってありますよね。
ストレスや疲労が積み重なっていては、冷静な判断はできません。そんなときは早めに寝て、早めに起きることをおすすめします。睡眠不足は百害あって一利なし。疲れや不快感をリセットしたいときは、早めに起きて、朝一番の日光をしっかりと浴びること。
朝日が不快感を取り去ってくれるイメージをもって、深呼吸をしてみてください。一日の始まりでもありますから、気持ちの切り替えがしやすいのではないでしょうか。

アクセサリー


たとえば、パワーストーンや宝石といった、自然由来の力を身に着けることで、自身のパワーを高めることができますが、洋服や髪形、メイクも同じです。
自分が気に入ったものや、きれいになるためのアクセサリーを身につけることで、自分の魅力が高まっていくことをイメージします。
見た目や風水的な効果だけではなく、磨く努力をすることで、内面もキレイになれ、魅力が増します。自己肯定感を高めて、不快な気持ちを打ち消してしまいましょう。

部屋の浄化


問題を抱えていて、嫌な気持ちが高まってくると、不快感に支配されてしまいがち。
そんな時こそ、心機一転、気持ちを新たにしたいですよね。
気持ちを新たにするには、「不快」な気持ちを「浄化」する意味を込めて自宅内の整理整頓やお掃除がオススメです。部屋の中で片付いていない場所があるのなら、一層のこと模様替えも兼ねてお部屋のクリーンアップに力を入れてみましょう。
たとえば、溜まっている雑誌や資料。干していない布団。掃除機やクリーナーをかけていない床など。たまの休日くらいは、部屋の掃除に時間を割いてみてください。部屋がきれいになるだけで、身も心も不快な気持ちから開放されていくはずです。
実際に風水術では、部屋を清潔に保つことにより、悪い気を追い払い、人間関係も良好になるとされています。

体を温める


コロナ禍で、自宅で過ごすことが増えている人も多いでしょう。気持ちがふさぎがちになってしまいますよね。
当然、室温が快適に保たれた自宅にこもってばかりでは体を動かす機会も少なくなりますから、体がなまりますし、冷えて血行も悪くなっていることも考えられます。
自宅でもなるべく体を動かして汗を流すことで、気持ちのリフレッシュを行ってください。寝る前に温かい飲み物を飲んで、ヨガなどのストレッチをして体幹を整えるのも、嫌なことを引きずらない気分転換方法になるでしょう。

自分なりの切り替え方法を見つけよう


毎日生活をしていれば、いろいろな日がありますよね。しかし、嫌なことがあって悩む間も、いい意味で自分を成長させている時間と思いましょう。
それでも考えすぎは体に毒です。素直に体を休ませることで、自身の心身を整えることができます。
「最近ストレスが溜まっているな」と思う方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
(柚木深つばさ/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ