【相葉雅紀】私物を買取査定!高い値がついた物とは?

めるも編集部

嵐・相葉雅紀がMCを務める9月30日放送の『VS魂』(フジテレビ系)に、フワちゃん、バイきんぐ、デヴィ夫人らが出演し、私物を査定してもらうゲーム企画に参加した。「買取合計金額が1万円に近いチームが勝ち」というルールのもと、それぞれが自分のお宝を出し、高額査定をねらった。

中古ストアで高額買取になる商品は?

 今回の私物査定ゲームでは、バイきんぐ西村・フワちゃん・デビ夫人の「西村チーム」と、相葉・ジャニーズWEST藤井流星・美 少年(ジャニーズJr)の浮所飛貴の「魂チーム」が対決。このゲームは、買取ショップの店長がそれぞれの私物を査定し、「チームの合計金額が1万円に近いほうが勝ち」というルール。各自、家からお宝を持ち寄り、みんなの前で披露した。

査定が始まると、「(販売価格が)高かった」という海外製の置物でも数百円にしかならず、なかなか合計金額が1万円に近づかない。そんな中、相葉はバイきんぐ小峠からもらった愛用の財布を査定してもらうことに。小峠いわく、相葉にプレゼントした財布は北海道のお店で購入した良品なのだという。

査定の結果、コードバンという革の製品であるため7千円の値がつき、周りから驚きの声があがった。また、一人キャンプが好きなことで有名なバイきんぐ西村が、キャンプで使う火吹き棒を出したところ3千円の値がつき、ランタンは2500円と、順調に良い価格がついたが、テントは0円と言われてしまった。テントに小さな穴が複数空いており、買取対象にならないためだった。ただ全体的にキャンプ用品は買取価格が高い傾向にあるようで、去年から引き続き現在もキャンプ人気が高いことが証明された。

山口紗弥加が売ってしまいたい物を語る

スタジオで査定ゲームのVTRを見ていたゲストの女優・山口紗弥加は、「私も(中古ストアに)持ち込みたい物があります」と告白。フジテレビ系ドラマ『ラジエーションハウス』を撮影中、キャストの間で漫画『進撃の巨人』が流行った時期があったのだが突然、俳優・浜野謙太が超大型巨人の全身タイツをプレゼントしてくれたのだそう。

しかしタイツがキツくて入らなかったと言う山口に、相葉が「着ようとしたんですか?」とつっこみ、「一応…」と山口は恥ずかしそうに答えた。しかも浜野はそのタイツを山口だけでなく共演者の本田翼と広瀬アリスにもプレゼントしたという。「キツキツでした」と山口が言うと、浜田は「ちゃんとウィキペディアで(広瀬アリスや山口さんの身長などを)調べて買ったのに」と残念そうにしていた。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ