星野源、本名で活動する上でのプライベートの苦労を明かす「けっこう厳しいんですよ」

E-TALENTBANK


10月5日深夜放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にて、星野源が、本名で芸能活動をする上での苦労を明かした。

【関連】星野源、新垣結衣との『逃げ恥』雑誌撮影ウラ話「手をつなぐというのが…」

番組内で、星野は、「僕は本名でやっちゃってるともうね、けっこう厳しいんですよ」「病院とか銀行とかさ、名前呼ばれるじゃない」と、プライベートの苦労をうかがわせた。

続けて、担当者が星野に気を遣って、「星野さん」と名字だけで呼んだり、整理券の番号で呼んだりしてくれることがあると説明しつつ、「わりとそういう人は、目で“どうも”みたいな」と話した。

その一方、「星野源さーん!」とはっきりフルネームで呼ぶ人もたまにいると明かして笑いを誘うと、「やめてくれー!」「どうにかできなかったのかなっていう」などとコメントした。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ