kiki vivi lily、サンスターの新商品「ガム・マウスバリア」CMソングを歌唱

E-TALENTBANK


サンスターのオーラルケアブランド「G・U・M」の新商品となる「ガム・マウスバリア」のCM ソングを、シンガーソングライターのkiki vivi lilyが歌唱する。TVCMは10月6日(水)よりWEB上にて公開、10月23日(土)よりオンエアとなる。

「ガム・マウスバリア」の新CMでは、新しいお口の衛生習慣が、生活の中で自然に溶け込んで欲しいという思いから、思わず口ずさみたくなるようなkiki vivi lilyの歌でメッセージを伝えるCMとなり、CM監督は、話題のアニメーションを手掛けている映像作家の長添雅嗣、気鋭のイラストレーターakaが描くキャラクターを、経験豊富なアニメーターの水江未来が動かすことで、新習慣を前向きにするスタイリッシュな印象の映像に仕上がっている。

kiki vivi lilyは10月1日に2nd Full Album「Tasty」をリリース。荒田洸(WONK)とMELRAWがサウンドプロデューサーを務め、トラックメーカーとして初タッグとなるShin Sakiura、盟友Sweet WilliamやIttoが参加するなど、シーンを代表するアーティストが集結した全9曲入りの作品。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ