埼玉で遭遇した日本家屋、何かがおかしい… 異次元すぎる「魔改造」が話題に

しらべぇ


ライオンの頭に蛇の尾、ヤギの胴をもち、口から火を吐くというギリシャ神話の怪獣の名から転じ、異なる遺伝子型の細胞が一個体の中で共存している生物は「キメラ(合成獣)」と呼ばれる。

ノンフィクションではお馴染みの存在で、ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズや、漫画『鋼の錬金術師』にも登場しているが、ツイッター上では埼玉県にて発見された「大型キメラ」が話題となっているのをご存知だろうか。

■こいつ…もう意識がないのか?


注目を集めているのは、ツイッターにてフジヤマタカシさんが投稿した一件のツイート。

「個室DVDに魔改造される蕎麦屋」「あの頃の意識はもう無い」と、何やら物々しい文章がつづられており、添えられた写真には純和風な建物が写っているのだが…なんと屋根の頂上部分には「DVD鑑賞」「金太郎」と大きく書かれた看板がそびえ立っているではないか。



建物自体は完全に和風なため、ギャップが凄まじくシュールである。

【話題のツイート】日本の美学とDVD鑑賞が融合?

■奇跡のバランス感に驚きの声


「和風家屋」と「DVD鑑賞店」が見事(?)に融合した、まさに「大型キメラ」と呼ぶに相応しい建物は大勢のツイッターユーザーに衝撃を与えているようで、件のツイートは約9,000件ものRTを叩き出している。



また「建物と看板のアンバランスさがスゴい…」「これは趣きがある」「名前は普通に和風なのが笑える」「瓦屋根の上にこの看板を置くのか(笑)」といった反響の声も非常に多く、「なぜ外観はこのままなのか?」と首を捻る人々も少なくないようだ。



そこで今回は「DVD鑑賞 金太郎」を展開する会社「大倉ビル」に取材を敢行した上で、記者自身も件の店舗を実際に訪れてみることに。すると、その驚きの実態が多数明らかになったのだ。

■「キメラ」になる前の前世が判明




「大倉ビル」担当者に詳しい話を聞くと、同店は埼玉県岩槻市にある「金太郎岩槻16号店」で間違いなく、オープン以前はうどんや蕎麦などのメニューで有名なレストランチェーン「味の民芸」があったようだ。



とはいえ何故、外観がほぼそっくりそのまま「味の民芸」状態になってしまったのか…こちらについて尋ねたところ、担当者からは「外観をそのまま引き継いだ点については、当時オープンに携わった者が少なくなっており、はっきりとはわかりませんが、外観はほぼ改装はしておりません」「屋根瓦なども一部そのままの箇所もございます。入口についても大きな改装はしておりません」という回答がみられた。

なお、同店がオープンしたのは2009年2月16日と、10年以上前のことで「どうしてこのタイミングで話題になったんだ…」と、担当者も首を捻るばかり。

■気になるキメラの「内部」は…


同店の「前世」が無事に判明したワケだが、果たして内装はどうなっているのか…気になって仕方ない人も多いことだろう。そこで記者は今回、話題のキメラ店もとい、金太郎岩槻16号店を実際に利用してみることに。



写真で見た際は「恐ろしいほどシュールだな」と感じていたのだが、この目で見てみると「これはこれでアリ」と思えてきてしまうから不思議なものである。



そして気になる店内の方は、しっかり改装されており、外観の「純和風」ぶりとは裏腹に完全に「個室DVD店」としての要素しか見当たらなかった。



「ワンチャン、どこかに板張りの床があるゾーンがあるのでは…」と考えていたのだが、もちろんあるはずもなし。もはや「味の民芸」の自我は残っていないようだ。



シャワールームやコインランドリーを完備しているほか、DVD作品だけでなくコミック類も豊富に取り揃えており、3時間をフルに使ってエンジョイしてしまった。



なお、大人のDVDも鑑賞可能だが、「今回は仕事の取材で来ているんだ…」と煩悩の誘いを断ち切り、2019年夏に公開されてから賛否両論の声が上がり続けている、国民的RPGゲームをモチーフにした映画作品を初鑑賞することに。



作品自体の感想は…割愛させてもらうが、「金太郎」がワーキングスペースとしても休憩場所としても非常に優れていることが今回の取材で改めて感じられた。



終電を逃した際にお世話になっている人も多いかと思うが、ぜひ「自分だけの空間」が欲しいときにも、積極的に活用してみてほしい。

【店舗詳細】



「DVD鑑賞 金太郎 岩槻16号店」

埼玉県さいたま市岩槻区加倉5丁目10−1

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ