2週間天気 秋晴れ所により雨 季節の歩みはゆるりと

日直予報士

この先の2週間は、晴れる日が多くなりますが、数日ごとに雨の降る所があるでしょう。最高気温と最低気温は、平年より高い傾向が続きますので、熱中症と農作物や畜産関係の管理に、ご注意ください。北海道では、一時平年を下回る日があり、冬の足音が届くかもしれません。

●5日(火)~11日(月)

あす5日は、日本海から近づく低気圧と前線の影響で、北海道から東北、北陸にかけて、曇りや雨の所がありますが、関東甲信から九州にかけては晴れる所が多いでしょう。沖縄も晴れますが、湿った空気の影響で、雨の降る所がある見込みです。
その後は高気圧に覆われる所が多い見込みですが、低気圧や前線の影響を受ける所があるでしょう。
6日は、沖縄では雨が降りますが、他は、だいたい晴れるでしょう。
7日は、沖縄から関東は晴れますが、東海は、一時雨の降る所がある見込みです。
8日は、北海道と東海では雨の降る所がありますが、九州から近畿と関東は晴れるでしょう。
9日は、東北では雨が降りますが、他は晴れるでしょう。
10日から11日は、北海道を中心に所々で雨が降る見込みです。

●12日(火)~17日(日)

15日頃までは、東北と関東から近畿では、前線と湿った空気の影響で、雨の降る日が多い予想ですが、北海道と九州や沖縄では晴れる日が多いでしょう。
次の週末は、晴れる所が多くなる見込みですが、関東は土曜日まで雨の降ることがあるでしょう。

●この先の気温の傾向

北海道は、平年より高い日が多く、10日を中心に平年よりかなり高い日もありますが、6日から7日頃は、平年より低くなる所がある見込みです。内陸を中心に最低気温が0℃以下になる所があり、標高が高い山で初冠雪が観測される可能性があるなど、冬の足音が聞こえるかもしれません。
東北は、平年より高い日が多いでしょう。10日から12日ごろは、平年よりかなり高くなる見込みです。
関東甲信、北陸、東海、近畿、中国四国、九州、沖縄・奄美では、平年より高い、またはかなり高い傾向が続くでしょう。
平年より気温の高い傾向が続くと、農作物などに影響するおそれがありますから、農作物や畜産関係の管理に、お気をつけください。
気温や湿度が高くなる所では、熱中症にも注意をなさって下さい。時々はマスクを外して、水分を補給しましょう。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ