豆柴の大群、ハリウッドザコシショウ・ゆりあんレトリィバァら豪華ゲストを迎え特別公演「豆柴の大群の疾走」完遂

E-TALENTBANK


豆柴の大群が10月3日(日)舞浜アンフィシアターにて特別公演「豆柴の大群の疾走」を開催。

本公演はTBS「水曜日のダウンタウン」の総合演出を務める、藤井健太郎による全面プロデュースで行わるとのことで、開催前から期待の声が寄せられていた。

内容はライブ中の豆柴の大群がいきなり様々な時代へタイムスリップし、時代ごとに登場するゲストとコントを織り交ぜながらコラボレーションしライブを行っていくという今までにない新しいミュージカル調の公演となっており、クロちゃん(安田大サーカス)、ゆりやんレトリィバァ、ハリウッドザコシショウ、こがけん、ベッド・イン、第一期BiSからプー・ルイ、カミヤサキ、古正寺恵巳(コショージメグミ)と言った名だたる豪華メンバーに会場は歓喜した。

本編後半には新曲「昨日は戻らない」を初披露し、豆柴の大群としては久しぶりとなるストリングス調の壮大でエモーショナルな楽曲によるパフォーマンスで会場を魅了。そんな本公演のアフタームービーも公開された。

公演終了後には、2021年12月22日(水)に両A面シングル「昨日は戻らない/恋のフルスイング」を発売することを発表し、翌10月4日(月)0:00より本公演で初披露となった「昨日は戻らない」が先行配信されるとのことなので、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

さらに、ニュービジュアルが公開され、トナカイをモチーフにしたメンバーカラーを基調とした衣装に肩からは角が生えている豆柴の大群らしいバラエティに富んだビジュアルが公開。合わせて、12月に東名阪を巡る対バンツアーを開催することも発表された。対バン相手や詳細は後日発表とのことだ。

2020年10月7日(水)のメジャーデビューから4日という史上最速の早さで東京ドームに立ち、同年10月24日(土)に昭和女子大学人見記念講堂にて初のワンマンライブを開催。

年末には「第62回 輝く!日本レコード大賞」の新人賞の受賞、100円ショップでアルバムを先行販売するという前代未聞の企画を実施。そして2021年2月にはTBS「水曜日のダウンタウン」内の企画にてファーストサマーウイカとのフィーチャリング曲をリリースする。

全国ライブハウスツアーを既に2度完遂し、2021年12月には両A面シングル「昨日は戻らない / 恋のフルスイング」の発売、東名阪対バンツアーの開催が決定しているなど常に世の中へ話題を提供し続ける豆柴の大群の動向に今後も期待してみてはいかがだろう。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ