自宅前でヒョウに襲われた55歳女性、杖で猛反撃し命拾い(印)<動画あり>

インド西部マハーラーシュトラ州ムンバイ郊外のアーリー・コロニーで9月29日午後8時前、55歳の女性が自宅前でヒョウに襲われた。ヒョウは女性の背後から近づいており、襲撃の様子は監視カメラが捉えていた。

自宅前のポーチで座っているところを襲われたのはニルマラデビ・シンさん(Nirmaladevi Singh、55)で、歩行を補助するための多脚杖をそばに置いたまままったりとしていた。

当時の監視カメラの映像では、後方の庭の茂みから2つの光る眼がゆっくりと近づいてくるのが分かり、ニルマラデビさんはヒョウがあと1メートルほどまで迫ったところで気配を感じ、振り向いている。

その後、杖を持って立ち上がろうとするニルマラデビさんだったが、素早いヒョウの攻撃に背中から倒れこんでしまい劣勢に陥った。しかし握った杖は離さず、なおも襲いかかろうとするヒョウに反撃を開始。地面に転がりながらもヒョウを突き放そうと必死で杖を振り回した。

こうして何度か頭を叩かれたヒョウはしばらく様子をうかがっていたが、杖を持って態勢を立て直したニルマラデビさんを見ると「もうやってられない」とばかりにその場を後にした。

ニルマラデビさんは顔、肘、背中、脚などに傷を負ったものの、命に別状はなかったそうだ。引っかかれた爪の跡から判断すると、ヒョウは成体ではなく若い個体だという。

なおアーリー・コロニーでのヒョウによる襲撃は3日間で2件、1週間で3件と多発しており、地区では主任森林保護官長から特別な許可を取りヒョウを捕獲するための罠が仕掛けられているという。また森林局は監視カメラを増やして監視を強化しているそうだ。

ちなみにこの映像を見た人からは「火事場の馬鹿力だ」「おばさん、強い!」「庭にいてヒョウに襲われるなんて!」「これは怖いね」「狂犬病の注射をすぐ打ったことを祈るよ」「杖先が分かれている多脚杖だったのが良かったのかもね」「若いヒョウだったのが幸いだったのでは?」「人間が森を奪ったのが悪い」「人間にとってもヒョウにとっても悲しい事故」といったコメントがあがっている。

画像は『LADbible 2021年9月30日付「55 Year Old Indian Woman Fights Off Leopard With Walking Stick」(Credit: Jam Press)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ