東京・豊洲「チームラボプラネッツ」に京都のヴィーガンラーメン名店登場

IGNITE


芸術と食の秋がやってきた。アート空間でも楽しめる、ヴィーガンラーメンが登場。



■新たなアート空間でもラーメンが楽しめる

「チームラボ」は2001年から活動を開始したアートコレクティブ。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成、世界各地で常設展およびアート展を開催している。

東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」に、京都発のヴィーガンラーメン「Vegan Ramen UZU Tokyo」が、10月8日(金)にオープンする。

2020年3月、京都でオープンした「Vegan Ramen UZU Kyoto」は、入店1時間待ちの行列ができるなど話題を呼んでいる。

「Vegan Ramen UZU Tokyo」ではヴィーガンラーメンをテイクアウトすれば、2つの新しい作品空間でも食べることが可能だ。



また、13,000株を超えるランの花々と一体化する庭園作品《Floating Flower Garden: 花と我と同根、庭と我と一体》で使用したランを持ち帰ることができる花屋「teamLab Flower Shop & Art」も新設。いずれもチームラボプラネッツの来館者以外も利用可能となっている。

<提供予定のヴィーガンラーメンメニュー>

ヴィーガンラーメン醤油



ヴィーガンラーメン味噌(辛)



<Vegan Ramen UZU Tokyo限定新メニュー>

ヴィーガンラーメン茶



・ヴィーガンラーメン花(冷)



■新たに公開する作品

虚像反転無分別 / Reversible Rotation – Non-Objective Space
teamLab, 2021, Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

作品空間は、テーブルや椅子などの物理的な境界面から自由になる。

書かれた「空書」は作品空間の中を同一方向に回転しているが、「超主観空間」の特性として、視覚的には左回転も右回転も論理的に同等となる。そのため、意識によって、書は、左回りにも、右回りにもなる。



空と火のためのロングテーブル / Table of Sky and Fire
teamLab Architects, 2021

このテーブルは、《空から噴き落ちる、地上に憑依する炎》と空が映り込む。この机の上で、生きること、そして食べることは、世界とつながり続けることであることを思いながら、食事を楽しんでみては。



コロナ渦で高まる健康への意識。チームラボが手がけるアート空間で、罪悪感なく楽しめるギルトフリーなヴィーガンラーメンを味わってみたい。



チームラボプラネッツ TOKYO DMM

所在地:東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
公式サイト:https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/
Vegan Ramen UZU Tokyo:https://vegan-uzu.com/pages/uzu-tokyo

(hachi)

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ