2022年最新版|新月の願い事・満月・月のボイドタイムカレンダー

うらなえる


新月と満月には昔から【願いを叶える力がある】と言われています。

新しいパワーがあふれ出す『新月』の日に願い事を紙に書き出し、そして物事が満たされる『満月』の日に新月の願い事が叶ったかを振り返り、成就に向けて行動を改善していくとより効果的とされています。

今回は「新月の願い事」「満月の振り返り」、そして新月の願い事の際に重要な「月のボイドタイム」について、2022年の最新情報を含めて紹介・解説していきます。

2022年最新|新月・満月・月のボイドタイムカレンダー

「新月の願い事」手順を詳しく解説!


まず、新月に願い事をするには「新月の時間を正しく把握する」ことが大切です。

新月は平均で約29.5日の間隔で、大体ひと月に一度訪れます。

しかし「今日は新月の日」とカレンダーに書いてあっても、その日になった瞬間に新月に入るわけではありません。

新月に入る正確な時間をしっかり調べておきましょう。

新月に入ったら、紙などに願い事を書きます。どんな紙でもペンでも構いません。

重要なのはハッキリと文字にすることで、あなたの願い事を整理し明確化すること。

願い事はどんなことでももちろん構いませんが、新月のパワーをより強く利用できるのは「自分の成長に関すること」です。

また他人を動かす願い事はあまり期待できません。

たとえば「あの人が自分を好きになってくれますように」ではなく「あの人が振り向いてくれるような素敵な自分になれますように」と願うようにしましょう。

書き終わったら読み返して確認し、紙は目に留まる場所に保管してください。

そして願いに近づけるよう前向きに行動し、満月の日に結果を振り返ってみましょう。

「新月の願い事」は後から書き直しても大丈夫?


新月の願い事のリストが出来上がり、自分で読み直して、しっくりこない感覚が残る場合、どうしたらいいのでしょうか?

その場合は思い切って新月の願い事を書いた紙を破棄し、自分が納得するまで書き直す必要があります。

それは新月から48時間以内であれば、何度でも書き直して新月の願い事の効果は変わりませんから安心してください。

ただ、書き直している間に、48時間が過ぎてしまったのなら、次回の新月のタイミングでやり直すようにしましょう。

「新月への願い事」は毎月行うほうが効果的?


結論から言いますと、新月の願い事は毎月行うほうが効果的です。

新月パワーにも周期があり、あなたにとって特別に強いパワーを得られる月や、そうでない月があるからです。

さらに、毎月の新月が位置している星座は異なりますので、その星座のパワーを活かすことができれば、より願い事は叶いやすくなるはずです。

「満月の振り返り」手順を詳しく解説!


新月に願い事をしたら、満月の日に「振り返り」を行いましょう。

新月に願った“願い事リスト”を再確認し「願い事が叶ったもの」・「願い事が叶わなかったもの」に分けて整理します。

「振り返り」は、より願い事の実現にグッと近づくための大変重要な作業です。

たとえ願い事が実現していなくても、現実を受け止めることでさらに前へ進むことができます。

そして新月から満月の期間、願い事を成就させるために頑張った自分を褒めてあげてください。

願い事が叶っても叶わなくても、努力した自分を認めてしっかり褒めてあげることで、次の願い事を叶えるパワーを得ることができます。

その次は、叶わなかった願い事について、これからどう行動を変えていけばいいかを考えてみてください。

努力する方向が間違っていなかったか、足りなかったものは何かを客観的に探すことで、具体的な改善案が生まれますよ。

そして改善案を踏まえて、もう一度、願い事をしてみてください。

この「新月の願い事」と「満月の振り返り」を続けていくことによって、あなたの願い事がどんどん叶っていくでしょう。

新月の願い事は避けたほうがいい? ボイドタイムとは


新月の願い事は誰にでもできる簡単な方法ですが、一つだけ気をつけたいことがあります。

それは「月のボイドタイム」です。

ボイドタイムは“避けるべき時間帯”という意味で、その時間帯は天体の位置関係により月のパワーが地上に届かなくなると言われています。

ボイドタイムは人体や運気にも影響します。

その時間帯は集中力がなくなり判断ミスが多くなるため、重要な仕事や、失敗できない大きな契約や買い物、そして願い事などは避けたほうが良いとされています。

しかしボイドタイムは頻繁に訪れるため、気にしすぎるのもあまり良くありません。

ですが、もし時間を選べるのなら、なるべくボイドタイムを避けて願い事をするのが良いでしょう。

ボイドタイムのおすすめの過ごし方


ここからはボイドタイム中のおすすめの過ごし方をご紹介します。

ボイドタイムは全員に等しく訪れるものですが、なかにはボイドタイムの影響を受けにくい方もいらっしゃいます。

それはボイドタイムの過ごし方にヒントがあります。

影響を受けにくい方はボイドタイム中に十分な休息を取り、心身を満たしています。

どうしても感情的になったり、注意力散漫になりやすかったりする時間帯なので、無理に活動してさらに疲弊してしまうのを避け、リラックスしてなるべく大人しく過ごしましょう。

十分な睡眠とバランスの取れた食事で体の調子を整え、後は好きなことに没頭して心に栄養を与えることで、ボイドタイム中も安定した時間を過ごすことができます。

月のパワーをもっと借りるにはどうすればいい?


ここまで「新月の願い事」「満月の振り返り」の方法について注意点などを交えて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

なかには「何度も試しているけれど、なかなか願い事が叶わない…」という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方はもしかすると『うまく月の力を借りることができていない』だけかもしれませんよ。

月には「浄化の力」が宿っていると言われています。

ですので、素晴らしい月のパワーを享受するには、受け取る側も浄化して月と同調し、“月のパワーをスムーズに受け取れる状態にする”必要があります。

存分に月の力を得るには、まずは部屋を片づけ、こまめに掃除と換気を行い、環境から浄化していきましょう。

部屋に日光を取り入れたり、植物を置いたりするのもおすすめです。

さらに瞑想や、浄化力の高い水晶やパワーストーンを身につけて、あなた自身を浄化させると、より月の効力を受け取りやすくなります。

ぜひ試してみてくださいね。

最後に


うまく新月と満月の神秘的なパワーを借りることができれば、あなたの願い事が実現する可能性がグンと高まるでしょう。

もちろん、どんな願い事もすぐに叶うわけではありません。

しかし願い事を紙に書き出すことで自分の望みを整理し、そしてこれまでの行動や状況を振り返ることで着実に願い事に近づくことができるはずです。

今回ご紹介した願い事の方法やボイドタイムなどの注意点を参考にして、ぜひあなたの願い事を叶えてくださいね。

当記事はうらなえるの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ