ドクター・ドレー/スヌープ/エミネム/メアリー・J.ブライジ/ケンドリック、来年の【スーパーボウル】ハーフタイム・ショーに出演決定

Billboard JAPAN



ドクター・ドレー、スヌープ・ドッグ、エミネム、メアリー・J.ブライジとケンドリック・ラマーが、2022年2月13日に米カリフォルニア州イングルウッドで開催される【第56回NFLスーパーボウル】のハーフタイム・ショーに出演することが発表された。NFL、ペプシとロック・ネイションのパートナーシップによって行われ、米NBCにて生放送されるこのショーで、5人は初めて一緒にステージに立つこととなる。

【NFLスーパーボウル】が、米LAにて開催されるのは実に30年ぶりとなり、NFLのロサンゼルス・ラムズとロサンゼルス・チャージャーズの2チームが本拠地とする、新設されたばかりのSoFiスタジアムで予定されている。米カリフォルニア州コンプトン出身のドクター・ドレーは、「【第56回NFLスーパーボウル】のハーフタイム・ショーでパフォーマンスを行う機会を与えられ、それを自分の裏庭で行うことは、私のキャリアにおける最大のスリルになるでしょう」と声明で述べ、「ジェイ・Z、ロック・ネイション、NFL、ペプシ、そして思い出に残る文化的な瞬間になるショーに参加してくれるスヌープ・ドッグ、エミネム、メアリー・J.ブライジ、ケンドリック・ラマーに感謝します」と続けた。

今回発表されたアーティスト全員がドクター・ドレーと音楽的な繋がりを持っている。彼はこの4組の楽曲やアルバムをプロデュースしたことで知られており、スヌープ・ドッグによるデビュー・アルバム『ドギー・スタイル』を全編手掛けたほか、エミネムやケンドリック・ラマーは、彼のレーベル<Aftermath Records>と長年契約していた。また、4組とも過去に彼のアルバムにフィーチャーされている。

ロック・ネイション、NFLとペプシが、ハーフタイム・ショーでコラボレーションするのは、これが3度目となる。初年度の2020年はシャキーラとジェニファー・ロペスがタッグを組み、今年はザ・ウィークエンドがヘッドライナーを務め、いずれも【エミー賞】の<最優秀バラエティ・スペシャル(ライブ)部門>にノミネートされた。今回は、DPSがプロデュース、ロック・ネイションとジェシー・コリンズがエグゼクティブ・プロデュースし、監督はヘイミッシュ・ハミルトンが務める。

ジェイ・Zは「2022年2月13日、米カリフォルニア州イングルウッドの新しいSoFiスタジアムで開催される【第56回NFLスーパーボウル】にて、コンプトン出身の音楽の先駆者ドクター・ドレー、ロング・ビーチ出身のアイコンであるスヌープ・ドッグ、同じくコンプトン出身で生まれながらの音楽界の若きパイオニアであるケンドリック・ラマーが、一生に一度のパフォーマンスのためにセンター・フィールドに立つこととなります」と声明で述べ、「彼らのステージには、天才的なリリシストのエミネムとタイムレスなクイーンのメアリー・J.ブライジも参加します。これがペプシ・スーパーボウル・ハーフタイム・ショーで、歴史が塗り替えられます」と続けた。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ