グライムス、イーロン・マスクとの破局にコメント「エウロパを植民地化し、レズビアンのスペース・コミューンを作る」

Billboard JAPAN



グライムスとイーロン・マスクは、3年間続いた関係に終止符を打ったばかりだが、グライムスはこの破局報道をそれなりに楽しんでいるようだ。イーロン・マスクが二人の破局を発表した5日後、グライムスは宇宙空間においても二人が離れ離れでいるようにすると冗談めかして語った。

現地時間2021年9月29日、グライムスはページ・シックスに対して「イーロンとは別に、(木星の衛星の一つである)エウロパをレズビアンのスペース・コミューンのために植民地化する」と述べた。マスクとの間に一人の息子がいるグライムは、二人の破局についてそれ以外にコメントしなかった。

マスクは、9月24日にグライムスとの破局を明かし、仕事にの影響で離れ離れになることが多かったため、二人の関係にひずみが生じたと説明した。「私たちは半別居状態ですが、今でもお互いに愛し合い、頻繁に会って、良好な関係です」と彼はページ・シックスに語った。「スペースXとテスラでの仕事ために、私はテキサス州にいるか、海外に出張する必要があります。彼女の仕事は主にロサンゼルスです。今、彼女は私といて、息子は隣の部屋にいます」と述べた。

約2年間の交際を経て、二人には昨年5月に息子が誕生した。現在グライムスは、音楽コンペティション・ゲームショー『Alter Ego』の審査員を務めている。米ヴォーグ誌の最近のインタビューで、息子について語った彼女は、彼のおかげでより芸術的な活動ができるようになったと明かした。

今年の【メット・ガラ】への参加を前に、彼女は「子供が生まれたことで、私は芸術的に大きく生まれ変わったと思います。母親になるということを私が言うのは変な感じがしますが」と語った。「(息子の)Xは、私のことを(本名の)“クレア”と呼んで、“ママ”とは呼びません。もしかしたら彼は、私の“母”という言葉に対する好みを感じ取ることができるのかもしれません。理由はわかりませんが、その言葉に対して私は嫌悪感を抱いてしまうのです。尊敬していますが、そうですね……不思議なことに私には共感することができないのです」と説明した。

X Æ A-12と名付けられた息子は、グライムスにとって第一子となる。イーロン・マスクには作家のジャスティン・ウィルソンとの間に、17歳になる双子と15歳の三つ子がいる。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ