“ホラー好き”橋本環奈、『ほん怖』初出演決定「この出来事が本当にあったら相当怖い」

クランクイン!

 女優の橋本環奈が、10月23日21時放送の土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』(フジテレビ系)のドラマパートで主演を務めることが発表された。橋本は『ほんとにあった怖い話』シリーズ初出演。

『ほんとにあった怖い話』シリーズは、実際に人々が体験した怖い話をリアルに描くリアルホラーエンターテインメント。1999年に放送をスタートし、心霊体験をもとに心底怖いゾッとする恐怖とその恐怖や不安に翻弄(ほんろう)されつつも立ち向かっていく人々の姿を描く。2004年からは稲垣吾郎が『ほん怖』クラブリーダーとして出演している。

橋本が主演を務めるのは、本作のドラマパートの一つ『凶音の誘(いざな)い』。声優を目指しながらコールセンターでアルバイトをしている峰岸玲奈役を演じる。

ある日、玲奈が一息つこうと給湯室で休んでいると、「キュルキュル…」という奇妙な物音と人影のようなものが通り過ぎたことに気付く。不思議に思いながらも仕事を続けていると、上司の鷺沼浩一(山中崇)から地下の倉庫に商品サンプルを取りに行くよう命じられる。バイト仲間の伊藤麻美(恒松祐里)とともに倉庫へ向かう2人。麻美は倉庫に着くと、その中を足早に移動し、どういう訳か緊張した様子でサンプルを取り出していく。すると、再び「キュルキュル…」と奇妙な音が聞こえてくる玲奈。不審に思い麻美に「他の人も来ているのか?」と聞くと、麻美の表情が一変して…。

小学生の頃に怖がりながら番組を見ていたというホラー好きの橋本。「たくさんの方が今まで出演されていて、歴史のある番組に出られることになり、“すごく楽しみだな”と思いました」とシリーズ初出演を喜んだ上、「実際にこのコールセンターでの出来事が本当にあったら相当怖いなと私自身思いました。初めて見る方も、『ほん怖』ファンの方も納得のいく作品になったと思います」と述べており、撮影で確かな手応えがあった様子だった。

土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 2021特別編』は、フジテレビ系にて10月23日21時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ