満島真之介「志尊淳くんの白目が見られるのはここだけ」 CMで宇宙人に扮して顔芸を披露

エンタメOVO


 スマートフォン向けゲームアプリ「モンスターストライク」8周年新CM発表会が30日、東京都内で行われ、満島真之介、染谷将太、矢本悠馬、志尊淳が登壇した。また、東京五輪で金メダルを獲得した、スケートボードの堀米雄斗選手が中継出演した。

新CMは、満島らが宇宙人に扮(ふん)し、初めての地球で見る光景に驚きながらも、「モンスト」を追い求めるCMシリーズの第6弾。今回のCMでは、4人が秋葉原で宇宙人ならではの能力を使って、スマホ作りに奮闘する様子が描かれる。

染谷は「毎回、この格好になるたびにわくわくします。毎回、チャレンジなんです。顔芸大会になってくるので、それが楽しくもあり、体力を使う現場でもあります」と撮影を振り返った。

満島が「(今回のCMで)最後に全員で上を向くところを一時停止してもらって、誰が一番、白目ができているかを確認してもらいたいです。志尊くんの白目が見られるのはここだけです」とアピールすると、志尊は「結構、僕、白目してますよ」と笑った。

一方、堀米選手は、8周年を記念したオリジナル技「パンパカパーン」をVTRで初披露。それを見た満島は「ゴン攻めしてましたね」と東京五輪で話題になった解説者の言葉をまねて、堀米選手の技を絶賛した。

さらに、染谷から「モンストは、4人で協力(してプレー)するのが大切ですが、堀米選手の一致団結したエピソードは?」と尋ねられた堀米選手は「今まで僕がアメリカで活躍できたのは、支えてくれた人たちのおかげ。その人たちのサポートがあったから、今の自分がいると思っています。そこは一致団結だと思います」と語った。

当記事はエンタメOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ