人生がきっと上手くいく「セルフコーチング」って?仕事・恋愛においての実践方法

folk

セルフコーチングをご紹介!


近年アメリカを中心に人気のセルフコーチング。これまでの生活様式が変わってきている今、日本でも話題となっています。

そこで今回は、セルフコーチングについて大特集!セルフコーチングとは何なのか、どんな人におすすめなのか、具体的な方法など隅々までご紹介します。

仕事に、恋愛に、効果的なやり方を学んでいきましょう。毎日の暮らしがより豊かなものになるかもしれませんよ。

セルフコーチングとは?


セルフコーチングとは?

https://www.pexels.com/

「セルフコーチングって何?」まずはそんな基本的な疑問から解消していきましょう。ここでは4つの項目に分けてご紹介します。セルフコーチングに興味のある人は、始める前にまずはここを読んでみてください。

どんなものか知った上で、自分に合うのか、やってみたいのか判断することもできます。理解してから実践すれば、より効果的な結果が得られる場合もあるでしょう。

そもそも「コーチング」とは?


ビジネスにおいてコーチングとは「よい人材を育てるための方法」。「コーチングする人」は、「コーチングされる人」から考えなどを引き出し、それに基づいたアドバイスやサポートをします。

似たような言葉で「ティーチング」というものがありますが、意味合いが異なるので注意してください。「ティーチング」は、具体的な解決策ややり方を教えるもの。

一方「コーチング」は、相手に気づかせることが大切であり、サポートをして成長させる意味合いが強いと言えます。

自分自身がコーチでありクライアント


セルフコーチングとは、その名の通り「自分自身でコーチングすること」。通常のコーチングに「コーチ」と「クライアント」がいるように、セルフコーチングではその2つの役割を自分でこなします。

サポートやアドバイスをくれる他者の存在がいないため、すべて1人で行わなければいけません。しかし言い換えれば、自分の状況を見ながら、やりやすいように進めていけるのがセルフコーチングの魅力とも言えるのです。

目標達成のためのテクニック


セルフコーチングは、目標を達成するための「テクニック」とも呼べるでしょう。単なる精神論ではありません。具体的なテクニックとして習得づけ、実践しましょう。

テクニックを身につけ自分のものにしてしまえば、夢や目標が変わっても同じ様に使えます。壮大なゴールでなくても構いません。人間関係や子育ての悩みでモヤモヤした時も、このテクニックがあれば解決の糸口を見つけられる場合もあるでしょう。

自分の内面をポジティブに変換


セルフコーチングは、今まで聞き逃していた自分の心のささやきに耳を傾けることでもあります。仕事や恋愛で悩んだ時、ネガティブな感情になるのを恐れ、思考がストップしてしまう時はありませんか?

自分自身が「コーチ」という第三者的な立場で考えることにより、その悩みの元を引き出し、ポジティブな思考に変換できる力が身につきます。セルフコーチングを行うことで、その後の人生が少し楽になるかもしれません。

セルフコーチングの実践方法


セルフコーチングの実践方法

https://www.pexels.com/

セルフコーチングがどんなものか、なんとなく掴めてきたでしょうか?とは言っても、具体的にどうやるのかわからないと、いまいちピンと来ませんよね?続いてはさっそく、セルフコーチングを実践していくための方法を見ていきます。

ここでは、おすすめの基本的な実践方法を4ステップでご紹介。セルフコーチングについては、さまざまな本も出版されているので、さらに掘り下げたい人はぜひいろいろと読んでみてください。

方法①目標を設定する


まずはゴールとなる目標を設定します。「留学したい」など大きな夢はもちろん、「5kg痩せたい」など身近なことでもOK。具体的な目標がない人は、憧れているイメージや今モヤモヤしていることを書き出すのがおすすめです。

ポイントは「なぜ?」の気持ちを大事にすること。「留学したい」→「なぜ?」→「海外で暮らしてみたいから」→「なぜ?」と掘り下げていくことで、あなたの気持ちの底にたどり着きます。

方法②現状を整理する


目標が決まったら、それに関する現在の状況を整理しましょう。現状を知り、目標達成には何が足りないのか、何が邪魔をしているのかを把握します。

ダイエットが目的なら、自分の今の体重や生活スタイル、食事内容などを細かく書き出し、何が原因で痩せられないのかを分析してみましょう。キャリアアップしたい!など仕事に関することなら、今の給料や勤務形態、やりがいなどを書き出してみるのもおすすめです。

方法③具体的に計画を立てる


現在の状況を把握できたら、次は具体的に計画を立てましょう。英語力を上げたい場合を例とすると「ボキャブラリーを増やす」など、漠然としたものではなく「毎日5個新しい単語を覚える」など、具体的な数字を決めるのがおすすめ。TOEICの試験日など、期日となるものがあるのもよいですね。

ここで気をつけたいのが、欲張りすぎた計画を立てないこと。せっかく決めたことも毎日実行できなくては意味がありません。

方法④決めたことを習慣づける


セルフコーチングを行う上で大切なのが「続けていくこと」。自分自身で決めたゴールへ向かって、計画を進めていきましょう。

やってみてうまくいかなかったり、習慣化するのが難しかったりする場合は改善することも必要。一つ前のステップに戻り、自分のペースで軌道修正できるのも、セルフコーチングならではの魅力です。

コーチは他でもないあなた自身。自分をよく観察し、目標が達成できるように無理のないアドバイスをしてあげましょう。

セルフコーチングはこんな人におすすめ


セルフコーチングはこんな人におすすめ

https://www.pexels.com/

さて、セルフコーチングはどんな人におすすめなのでしょうか?もちろん、セルフコーチングは誰にでも行うことができますが、ここではあえておすすめしたい人の4パターンをピックアップしました。

あなたはおすすめの人に当てはまるでしょうか?もし4つのうち1つでも該当するなら、今日からでもすぐにセルフコーチングを始めることをおすすめします。それではさっそく見ていきましょう!

ずっとやってみたいことがある人


前からやってみたかったことがある人は、まさにセルフコーチングがおすすめ。ずっとやりたいと思いながらも始められないのには、何か理由があるはずです。

何が障害となっているのか?物理的なこと?精神的なこと?それらを掘り下げて自分に問いかけることで、意外と簡単に始められる場合もあるでしょう。やりたいことがたくさんある人は、全部書き出して1つずつ探求していくと、優先順位が見えてきますよ。

毎日なんとなく過ぎている人


なんとなく過ぎる毎日にメリハリが欲しいと考え、この記事を読んでいただいている人もいるのでは?セルフコーチングはそんな人にもおすすめです。

紙とペンを用意して、興味のあることやなりたい自分のイメージを書き出してみましょう。気にかかっている心のモヤモヤを書くのもおすすめです。

そこから「それが気になるのはなぜ?」「近づくためには今何が足りていないのか?」を探っていくと、やるべきことが見えてくるかもしれません。

自分の思考を整理したい人


セルフコーチングは、仕事に恋愛に育児にと忙しい30~40代の女性にこそおすすめです。「時間に追われて自分の中の優先順位がわからなくなってしまった」「どれも中途半端な気がする」と感じているなら、まずは思考を整理しましょう。

自分にじっくりと質問することで、手を抜いてもよいものが表面化します。自分の人生ですから、いちばん大切にしたいことを優先して丁寧に暮らしていきたいですよね。

自分をもっと好きになりたい人


「今の自分がキライ」そんな風に感じてしまう人にもセルフコーチングはおすすめです。セルフコーチングに大切なのは、自分を第三者の目線で見ること。客観的に見れば自分のどこが嫌なのかが浮き彫りになります。

なぜそこが嫌なのか、何が必要で何が足りないのかを探ってみましょう。「容姿に自身がない」「すぐにイライラしてしまう」などネガティブな部分と向き合うことで、自分を好きになる糸口が見えるはず。

セルフコーチングの注意点


セルフコーチングの注意点

https://www.pexels.com/

最後は、セルフコーチングを行う上で注意したいポイントをいくつかご紹介します。セルフコーチングは誰でも簡単に始められるものですが、間違った方法で進めていても効果はなかなか上がりません。

ここでは4つの注意点を取り上げました。これからセルフコーチングをやってみようという人は、これらのことを頭に置いて始めるとより効果的ですよ。

注意点①セルフコーチングをきちんと理解する


「セルフコーチングとは何か」をきちんと理解してから始めることはとても重要です。前述のように、セルフコーチングとは、目標を達成するための一つのテクニックや道具。理解して上手に使いこなすことが、効果をあげるポイントです。

世の中にはさまざまな自己啓発の方法があります。セルフコーチングにかかわらず、ネットや本で自分に合うやり方を見つけるのも、夢に近づくひとつの手段です。

注意点②自分を客観的に見る


セルフコーチングは、1人で2役をこなさなくてはいけません。「クライアント」としてのあなたは、素の自分なのでよいですが、「コーチ」としてのあなたは第三者の立場で自分を見る必要があります。

感情に任せて判断するのではなく、客観的に考えて冷静な意見を持ちましょう。「いつもの自分ならこう考えるけど…」という場面では、あなたがあなた自身の友人になったつもりで考えるとよいかもしれませんね。

注意点③意識的に時間を作る


セルフコーチングを始めたからといって、すぐに目標が達成できるわけではありません。長い目で考えて、焦らないことがゴールへの近道となります。

まずは自分で立てたプランを習慣にすることが大切。そのためには意識的に時間を作りましょう。「時間が取れずにできない」と言っていては、いつまでもセルフコーチングを始める前の状況と変わりません。どうしても実行する時間が取れない時には、プランを立て直しましょう。

注意点④さまざまな感情・事実を受け入れる


セルフコーチングを行っていると、ネガティブな情報や感情と向き合わなくてはいけないことも。そのような時は事実をまずは受け入れ、「コーチ」の立場から「なぜネガティブに考えてしまったのか?」を問いかけるなどして探っていきましょう。

とにかく大切なのは、客観的に捉えること。もちろん最終的にはポジティブに考えていきますが「さまざまな事実を冷静に受け止められる自分」は、これからの人生できっと武器になるはずです。

セルフコーチングまとめ


今回はセルフコーチングを特集しました。セルフコーチングと言うとなんだか特別のように感じますが、難しく考える必要はありません。

私たちは小さな頃から、気づかないうちに自分と対話しコーチングをしてきたのです。セルフコーチングを少し意識して暮らすことで、今後の人生がより充実することも。あなた以上にあなたを知っている人はいません。

ぜひ自分にベストな方法を見つけて、セルフコーチングを楽しんでくださいね!

当記事はfolkの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ