ひろゆき氏、労働組合会長にブチギレ 「組合がこの問題を解決することはない」

fumumu

ひろゆき(画像は『日経テレ東大学』より)
YouTubeチャンネル『日経テレ東大学』が26日、「【緊急SP!ひろゆきvs連合会長】」とのタイトルで動画を更新。

日本労働組合総連合会会長の神津里季生さんをゲストに迎え、議論を繰り広げました。考えさせられる内容に多くの反響が寄せられています。

■組合の機能・あり方を質問


半熟仮想株式会社代表でイェール大学助教授の成田悠輔さんと、元2ちゃんねる管理人で実業家の西村博之(以下ひろゆき)さんがパーソナリティを務めるチャンネル内のコーナー「Re:Hack」。

ひろゆきさんは「組合に所属している人って、正社員のほうが多い。収入的にもつらい状況なのは、非正規雇用の人たちだと思うんですけど、非正規雇用のセーフティネットとしては、組合は機能してないじゃないですか?」と、“弱者のための組織”のはずが、そうなっていないことを指摘。

また成田さんは「その人たちを含めるような形で、労働組合のあり方自体を変えるってことはできないんですか?」と問いかけます。

これらの質問に神津会長は「圧倒的に非正規の方々は、労働組合という機能を持っていない。これは非常に大きな問題だと思っている」と語り、“労働組合のあり方自体を変える”ことについて「本来はできるんですよ」「それを、どうやってやったらいいのかっていうのが、我々がもがいているところ」と述べました。

【動画】ひろゆきのブチギレから緊迫した空気が続く…

関連記事:ひろゆき氏、増加する“論破現象”に苦笑 「伝わってないっすね~」

■「それを防ぐ手段ってないですよね?」


神津会長の「本来は、できる」の言葉に、ひろゆきさんは「できます? 非正規雇用は、会社側が『組合に入る奴はいらねーよ』って、簡単に切れるじゃないですか」「無理な気がするんですけど」と疑問。

「労働組合は2人以上いれば、つくることができる」と説明する神津会長に、ひろゆきさんは「2人の非正規雇用が『俺たちで組合、作ろうぜ』って作った瞬間、経営者側は『めんどくせぇから、コイツら契約更新させないようにしようぜ』って言ったら、そこでその会社とは赤の他人。それを防ぐ手段ってないですよね?」と月単位・年単位で契約している者の場合は、組合に入ったところで“会社をよりよい環境に”にすることは難しいのでは? との意見を投げかけました。

■会長の言葉にブチギレ


非正規雇用が多い現代「弱い人ほど組合をつくれないっていう構造は変わらなくないですか?」との問いかけに神津会長は「ひろゆきさんは、すごく厳しいケースでお話されてるんで…」と返答。

これに、ひろゆきさんは「僕が言った話は、難しい例や狭いケースだとは思っていなくて」「女性で働いている人の6割が、非正規雇用ですよね」と反論します。

「違う、全然違う」「ちょっと、この話をいつまでするのかなって感じをもってるんだけど」と応える神津会長に、ひろゆきさんは「何が違うか教えてください!」と声をあげ、カメラを睨みつけ、緊迫した時間が流れました。

■神津会長に「やべぇな」


ひろゆきさんの言葉に“非正規雇用”とひとことで言っても、短時間就労のパート・有期雇用・派遣社員・契約社員など、様々な形態があることを説明し「切り口が全然違うわけですよ」と説明する神津会長に、ひろゆきさんは「変わらなくないですか? 会社が自由に切れる存在っていう括りで言えば一緒じゃないですか?」と一蹴。

「今の労働者が大変な理由って、給料が低いから生活が大変、という話。最初から、何が問題かっていう問題把握が神津会長がズレている点がやべぇなって思ってるんすよね」と口撃しました。

■ひろゆき「組合がこの問題を解決することはない」


「日本ですげー困ってる人が増えてるから、日本社会はそれを何とかしたほうがいいよねって、僕は思ってるんですけど、神津会長は『レアケースだし』『この話をいつまでするのか』って。組合がこの問題を解決することはないと思うんすよ」と厳しい言葉を送りました。

今回の動画には「非常に考えさせられる内容でした」「神津さんは優秀な労働者が待遇を改善する方法を話していて、ひろゆきさんは非正規のような安い労働者が待遇を良くする方法の話をしていますね」「議論を振ったときには結構まともな考えを示してるので、元々頭のいい人なんだろうけど、それがよけい労組っていう権益を優先しているように見えるね」「労働組合が時代に合わなくなってきてるんじゃね?って疑念を抱くには十分の内容だった」など、多くのコメントが寄せられています。

50分近い動画ですが、これは前編。後編に期待する声も見られます。

・合わせて読みたい→ひろゆき氏、Z世代の「すぐ辞める人」に… バイトで見つけた“楽しみ”伝える

(文/fumumu編集部・冬野 とまと)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ