伊藤万理華“美園”のラストチェンメシは!?3人それぞれの道へ…

テレビドガッチ

伊藤万理華が主演する木ドラ24『お耳に合いましたら。』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~/BSテレ東・BSテレ東4Kは毎週火曜24:00~)の最終話が9月30日に放送される。

同ドラマは、主人公・高村美園(伊藤)が、あるきっかけからポッドキャスト番組を始めていくパーソナリティ成長記。愛してやまないチェーン店グルメ・通称“チェンメシ”を食べながら、その“チェンメシ愛”を語ることで変わっていく様が描かれる。また、花澤香菜によるオープニングテーマ「Moonlight Magic」(ポニーキャニオン)と、にしなによるエンディングテーマ「東京マーブル」(ワーナーミュージック・ジャパン)が、ドラマを彩る。

前回の第11話は、美園がラップバトルをする展開があり、SNS上では「ラップバトルは衝撃的すぎるw」「まりっかのラップは新鮮!」といったコメントがあがっていた。

<最終話あらすじ>
同僚の須藤亜里沙(井桁弘恵)が退職、そして佐々木涼平(鈴木仁)が転勤するため送別会が行われた。送別会の後、美園(伊藤)は2人と朝まで飲み明かし、3人で録音を楽しむ。

3人で初めて配信機材を買いに行ったこと、美園の配信のこと、これまでの3人での思い出を語り合った。

そうして2人がいなくなった日常の中、美園は寂しさから配信ができないでいた。さらに、マイクセットを落として壊してしまい……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ