高岡早紀、清原果耶&今田美桜らと最後の記念写真公開

Entame Plex



女優の清原果耶がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土曜午前8時)に出演する女優の高岡早紀が27日、アメーバオフィシャルブログを更新。

清原や女優の今田美桜らJテレ気象班との最後の記念写真を公開した。

朝ドラ104作目となる『おかえりモネ』。海の町・宮城県気仙沼生まれのヒロイン・百音(清原)が主人公。百音は森の町・登米(とめ)で青春を過ごし、気象予報士の資格を取り上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描く。高岡は、自身初となる朝ドラ出演でテレビ局内の社会部気象班の制作進行を束ねるデスクで、報道番組の責任者・高村沙都子を演じる。

この日、「Jテレの皆さんとのオフショットのお届け。」と題してブログを更新すると「いつも 高岡早紀 公式ブログをご覧頂き、ありがとうございます。朝夕の涼しく心地よい風に、秋の訪れを感じる時期となりました。皆様 いかがお過ごしでしょうか…」と挨拶からスタートさせ、「NHKさんの公式Twitterの方でオフショットがUPされてましたので お届けします。※画像はNHKさん公式Twitterより」と清原や高岡、今田美桜らJテレ気象班で撮影した最後の記念写真を公開。

公式Twitterでは、この日で気象班での撮影も最後だったとも明かしており、紙吹雪やカラフルな照明があり、スタジオはとてもにぎやかだったという。

最後は「Jテレの皆様 ありがとうございました」と感謝を述べ、「気温の変化などで お風邪など召されませんようご自愛ください」と呼びかけた。

当記事はEntame Plexの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ