顧客コミュニケーションをワンストップ化「コミューン」が今注目されている

IGNITE


ユーザーと企業が直接つながり、そこから新たなものが誕生する時代。



■顧客コミュニケーションのワンストップ化を可能に

企業とユーザーが融け合うカスタマーサクセスプラットフォーム「commmune」を提供するコミューン社は、第三者割当増資による総額19.3億円の資金調達を実施したことを発表。

既存投資家であるDNX Ventures、UB Venturesに加え、新たにZ Venture Capitalとジャフコ グループを引受先としている。今回の増資により、累計調達額は24.3億円となった。調達した資金は、開発・販売体制強化とマーケティング投資に使用するとのこと。

(左から)コミューン 高田氏、ジャフコ グループ 北澤氏、UB Ventures 岩澤氏、Z Venture Capital 都氏、DNX Ventures 倉林氏

「commmune」は、自社に最適な顧客コミュニティをノーコードでかんたんに構築、運用でき、顧客コミュニケーションのワンストップ化が可能なカスタマーサクセスプラットフォーム。

サブスクリプションモデルの普及やユーザーのメディアパワーの高まり、人口減少等に伴い、BtoB、BtoCを問わずすべての企業でカスタマーサクセスを通じたLTV向上が重要となっている。「commmune」は、カスタマーサクセスの効率化と顧客LTVの最大化を実現する。



既に導入している企業の取り組み例としては、「ユーザー同士の課題解決によるサービスの利用継続率の向上」や「顧客接点を集約することによる、カスタマーサクセス工数の大幅削減」「コミュニティ施策を通じたユーザーエンゲージメント強化」「アドボカシー創出やユーザーの投稿(UGC)活用による新規顧客の獲得」などが挙げられている。



■「commmune」導入企業担当者からのコメント

ウイングアーク1st

執行役員 マーケティング本部長 久我温紀氏

よりお客様を知り、適切な情報やサービスを提供していく必要性から導入致しました。マーケティング部門をはじめ、開発やサポートなど多くの部門が「commmune」を利用し、コミュニケーションが行われるようになり、現在は、1,000名以上のお客様にご利用いただいています。弊社の意向や体制を理解し、適切なアドバイスをいただける支援体制が弊社にとっては大きな存在です。

ベースフード

CMO 齋藤竜太氏

全国のお客様とコミュニケーションを取ることは難しいということでオンラインでの施策を検討し、「commmune」の導入を決めました。継続している理由はLTV向上や新規顧客獲得などの結果が出ていることはもちろんですが、信頼できるカスタマーサクセスマネージャーの方々が戦略策定から振り返りまで手厚くサポートしてくださるという安心感も大きな理由です。

ヘイ

サクセス本部 リレーションズグループ 志村友輔氏

STORESではご利用いただくストアオーナー様の数が多く、現状の手段ではなかなか全ての方に対して、サクセスとしての支援を満足に提供できていないという課題があり「commmune」を導入しました。導入後は、コミュニティを通じてより多くのストアオーナー様に対しての支援を実施することができ、チャーンレートの低下など一定の効果が出ています。

ユーザーとのコミュニケーションの手段に頭を悩ませている担当者は、「commmune」を検討してみる価値はありそうだ。

コミューン:https://commmune.jp

(冨田格)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ