「100均缶詰」を使った主役レシピは時短でお得、いざという時の助けにもなる! サバ缶詰は水煮が買い?

All About

ダイソーやキャンドゥなどの100均で買える缶詰を使った、主食となるパスタ・パン・ご飯のレシピをご紹介します。

ダイソーやキャンドゥなどの100円缶詰でできる主食の時短レシピ!

近年の100円ショップは取り扱い商品数も増え、「何か必要なものがあるときは、とりあえず100均に行く」という人も多いのではないでしょうか。中でもダイソーやキャンドゥでは、取り扱う食料品も増えてきており、菓子類からおつまみ、レトルト食品、そして缶詰も種類が豊富です。

缶詰は常温で保存でき賞味期限も長いため、いざというときに使える食材として常備しておくのがおすすめ。ここではダイソーやキャンドゥで買える100均缶詰を使って、簡単にできる主食レシピをご紹介します。

1:スモークオイスター缶を使ったパスタ

スモークされた牡蠣がオイル漬けになっている100均のスモークオイスター
スモークされた小ぶりの牡蠣がたっぷり入っている缶詰。100均の缶詰の中でもおトク度が高い商品です。そのままおつまみとしても良いですし、ピザの上にのせてもおいしくいただけます。

また、スモークオイスターの半分を小さく刻むとパスタに絡みやすくなります。

◆ レシピ
100均のスモークオイスターを使ったパスタ
<材料>(1人分)
・スパゲティ 80g
・スモークオイスター缶 1/2(約25g)
・水 適量(パスタを茹でるときに使う)
・塩 適量(パスタを茹でるときに入れる)
・ブラックペッパー 適量

<作り方>
1. フライパンでスモークオイスターを軽く焼き温めておく
2. 茹で上がったパスタを1のフライパンに加え、スモークオイスターを絡める
3. 全体にブラックペッパーをふって完成

2:サバ缶を使ったホットサンド

サバ缶は味付けのものより水煮缶のほうが幅広い料理に使える
一時期は入手困難だったサバ缶も今は100均で購入できるようになりました。幅広い料理に使うのであれば、味がついていない水煮のサバ缶がおすすめです。

サバ缶はツナ缶のようにもサンドイッチに使えます。

◆ レシピ
ツナ缶のようにサバ缶もサンドイッチに使える
<材料>(1人分)
・食パン 2枚
・サバ缶のサバ 40g(1/3缶)
・マヨネーズ 大さじ1
・タバスコや豆板醤などの辛み 小さじ1弱
・バター 適量

<作り方>
1. サバ缶のサバの水気をしっかりきり、マヨネーズとタバスコなどの辛みと和える
2. ホットサンドメーカーの両面にバターを塗り食パンを置く
3. 食パンの間に1の味をつけたサバを入れてはさみ、焼きいろがつくまで焼いて完成

3:焼き鳥缶を使った炊き込みご飯

100均の焼き鳥缶のタレの味を利用して時短で炊き込みご飯ができる
100均の焼き鳥缶は味がしっかりついているため、ここでご紹介する炊き込みご飯以外にも野菜炒めの具などにしたりするのもおすすめです。

◆ レシピ
味付けされた焼き鳥缶なので簡単に炊き込みご飯ができる
<材料>(米2合分)
・米 2合
・水 440ml
・焼き鳥缶 タレ 
・塩 小さじ1
・野菜 50gほど(今回は冷凍野菜のにんじん、インゲン、椎茸を刻んで利用)

<作り方>
1. 米をとぎ炊飯器に入れる
2. カットした野菜と焼き鳥缶をタレごと炊飯器にいれる
3. 炊飯する
4. 炊飯が終わったところで塩を全体にふり味を整える

以上、100均の缶詰を使った主食となるパスタ・パン・ご飯のレシピをご紹介しました。
100均の缶詰はまだまだ種類が豊富にあります。手軽に使える100円というお値段なのでぜひいろいろ試してみてください。
(文:矢野 きくの(節約ガイド))

当記事はAll Aboutの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ