秋メイクで老けない秘訣! 40代にオススメ「色選び」のコツ【植松晃士】

OTONA SALONE



みなさん、こんにちは。植松晃士です。

秋の美味しい食べ物がたくさん出てくる頃になりました。まだまだコロナ禍ですが、飲食店も応援したいですし、テイクアウトでおうちで秋のごちそうを楽しみたいですね。

さて。今回はビューティのお話です。前回、アップデートしなきゃ老化が進むというお話をさせていただきましたが、それは美容についても同じ。今回もモノに助けられるエイジングケアです。

秋の「40代メイク」は秋色から!


秋なので、市場的には新作コスメが続々と登場しています。「おうちにいることが多いから」というのを理由に、メイクアイテムを新調しないなんてあり得ませんから! 新しい色、素材、質感を手にすることでワクワク感や幸せ感を実感しましょう~♪

実際の秋メイクはシックなカラーが勢ぞろいです。カーキとかボルドーとかパープルとか。でもね、落ち着いた色ではあるけれど、大人に嬉しいのがその質感。パール感が強めで、でも下品な感じではなく、絶妙な輝きに仕上がっているものが多いの。肌が枯れ気味になっている我々の世代は、少しでも光り輝くもので飾りたいじゃない?(苦笑)

色が強めに発色しない点も大人に嬉しい。もちろん、盛りたいなら重ねていけばOK。つまり、T.P.O.に合わせて使えるから便利。大人だからわかると思うけど、盛るときは髪もファッションも盛ってね。顔だけ盛るとバランスが悪いんです!

目元は「気持ちの高ぶり」で選んで


マスクしているから、新色トライもアイカラーがいいんじゃない? しかもパレットタイプがいいと思う。もちろん全色使わないかもだけど、パッとフタを開けた瞬間の「キレイ!」「カワイイ!」という気持ちの高ぶりがいいじゃない? キュンとする! そんなこと、この年代になるとめったにないだろうから(笑)、秋の新作メイクアイテムでその気持ちを取り戻して!! 心の潤いよ。

僕の個人的な秋のアイカラーパレットのおすすめのひとつは、SUQQU。大人にぴったりというか、日本人の肌に似合う色出しが上手。浮くことなく若々しく見せてくれる、それでいて旬な色だから見ていても楽しい★



シグニチャー カラー アイズ 106 冴樹(SAEGI)、107露桐(TSUYUKIRI)7,700円(税込)(※ともに限定品。品切れの場合があります)

秋の木々の温もりをイメージした4色パレット。まぶたにぴたりと密着し、色ムラやパールの落ちを防ぎ、高純度な色の薄膜で彩ります。ふんだんに配合したクリアパールが上品な目元に仕上げます。

問)SUQQU

唇はオンラインで美肌見えするカラー


オンライン会議とかある場合は、リップカラーで秋色を取り入れるのもいいかもね。さすがに唇に色がないと老けて見えるか、不健康に見えるか、不機嫌に見えたりするから。昔はヌーディリップとか流行っていて使ったりしていたかもしれないけど、さすがに大人になったらやめましょ。顔色悪すぎだから(笑)!!

昭和だと赤色リップをつけた日は「人喰ったの?」と言われたり、グロッシーなリップをつけた日は「天ぷら食べたの?」なんて言われたけど、昨今は色も質感もバリエーションが増えて誰にだって似合う1本が見つかりやすいはず。

個人的には、エレガンスのリップが使いやすいと思ってます。見た目は派手そうな色に見えるんだけど、発色しすぎずになじみやすい。ぺったり感がない。何もつけないとオンラインの画面でおじさんに見えてしまうかもしれないから(!)、最低限のメイクはしましょうね。





ブリリアント ルージュ ビジュー 01 05 全8色 3,850円(税込)

みずみずしいリクィッドルージュ。輝度の高いオイルを配合した透明感の高いベースで、ひと塗でゴージャスなツヤ感とクリアな発色を実現。縦ジワもカムフラージュします。唇に嬉しい美容トリートメント成分も配合。01は温もりを感じるベージュ。05は情熱的なレッド。

問)エレガンス コスメティックス

何もしていないようで、ちゃんと手を入れているのが大人スタイル。秋の新作メイクをカウンターで黙って見るだけでもいいから、チェックしてみては?

では、また次回お会いしましょ♪

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ