森田望智、憑依型女優役で様々な劇中劇に挑戦「ギュンギュンしたい」


女優の大原櫻子が主演を務める、テレビ東京の新ドラマParavi枠『つまり好きって言いたいんだけど、』(10月6日スタート 毎週水曜 24:30~)の出演者が28日に明らかになった。

同作は『恋はつづくよどこまでも』『はぴまり~Happy Marriage!?~』などを大ヒットさせた円城寺マキによる同名コミックのドラマ化作。ひょんなことから芸能事務所でマネージャーとして働くことになった千歳(大原)は人気急上昇中のブレイク寸前若手俳優・ 藤代瀬那(櫻井海音)の担当に。しかし瀬那は美しい外見を持つが、いつスキャンダルを起こすかわからないほど女癖が悪くウソが巧みな問題児で、千歳を騙してバカにしていた幼馴染だった。俳優×強気マネージャーのゴシップラブコメとなる。

演技力と美貌、アーティスト性を兼ね備え芸能界のトップを走り続けている人気の憑依型女優・白川雪乃役に、ドラマ『全裸監督』(Netflix)や『恋する母たち』(TBS)、連続テレビ小説『おかえりモネ』など、数々の映画や ドラマに出演し、第24回釜山国際映画祭アジアンフィルムマーケットでは「アジアコンテンツアワード」最優秀新人賞を受賞するなど今注目の女優、森田望智が決定した。森田は中盤からの登場となり、ドラマ内に登場する数々の映画(劇中劇)の様々な役柄を演じきる。

○森田望智 コメント

私が演じる白川雪乃は原作にはない憑依型女優の役と聞いて、私に務まるのかと不安はありましたが、それ以上に「面白そう!」が勝りました。
季節のように移り変わっていく雪乃さんの多彩な表情をお見せできたらなと思います。
キラキラな「つま好き」の一員になれて、学生時代の少女漫画に憧れた乙女心が実った気がします。
ドラマならではの千歳ちゃんと瀬那くんにキュンキュン超えてギュンギュンしたいと思います。
素敵な作品をお届けできますように。

(C)円城寺マキ・小学館/「つまり好きって言いたいんだけど、」製作委員会

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ