「めっちゃわかる」「優しかったなぁ」祖父母とのエピソードに共感の声

grape

『おじいちゃん・おばあちゃんち』は、多くの人にとって、自分をとことん甘やかしてくれる、魅力的な場所だったのではないでしょうか。

大人になってから、昔の優しい記憶をふと思い出し、ノスタルジックな気持ちになる人もいるでしょう。

仲曽良ハミ(nakasorahami8330)さんは、そんな誰もが「懐かしい」と感じてしまうような、思い出にまつわる作品を描いている漫画家です。

2021年9月20日、敬老の日に、仲曽良さんがInstagramに投稿した『じいちゃんとばあちゃん』という漫画を紹介します。

『じいちゃんとばあちゃん』

ある日、男の子が祖父母の家に1人で遊びにやってきます。

時間を持て余した男の子に、おじいちゃんが「一緒にやろう」と碁盤を持ってきました。

しかし、囲碁のルールが分からずに、碁石をおはじきのようにして、マイルールで遊んでしまう男の子。

それでもおじいちゃんは、どんなに意味不明なルールでも、笑ってそれに付き合ってくれるのでした。

【ネットの声】

・優しいおじいちゃんとおばあちゃん。なんだか泣ける…。

・おじいちゃんおばあちゃんの家って楽しかったなぁ。

・こうやって子供は将棋とか碁を覚えるんだなぁって感心してたら…。そっちかーい!

多くの人が、「あの時間、楽しかったな」と共感したようです。

自由な発想を持つ子供と、無条件に優しいおじちゃん、おばあちゃんのやり取りに心が温まりますね。


[文・構成/grape編集部]

出典 nakasorahami8330

当記事はgrapeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ