コントでも演劇でもない新ジャンル!? 芸人絶賛のコント師集団メトロンズがスゴイ!


どーも! 芸人ライターのブロードキャスト!!・吉村憲二です! せんきゅっそ!

メトロンズの第2回公演『ミスタースポットライト』が、10月6日(水)から10日(日)まで東京・赤坂RED/THEATERで開催されます。メトロンズとは、しずる、ライス、サルゴリラの芸人3組に、作家・演出家の中村元樹を加えた7人組ユニット。実力派コント師たちによる“本気の芝居”とは、いったいどんなものなのか――本番に向けて自信を見せる彼らに直撃しました!

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

「全6人」のうち1人は泣ける!?


2019年8月に結成し、新型コロナの影響で延期になっていた第1回公演『副担任会議』を今年4月に開催して大好評だったメトロンズ。いま目の前に、しずる(池田一真、村上純)、ライス(田所仁、関町知弘)、サルゴリラ(児玉智洋、赤羽健壱)の6人がいます。

芸人である僕から見ても最強メンバー。キングオブコントのチャンピオンがいて、常連組がいて、何でもないのがいて……。その3組が90分1シチュエーションの演劇公演をする。もう面白いことは確定です。

でも、そんな僕の印象を飛び越えた、もっともっと大きいものを見ている6人がそこにいました。公演の内容はまだ秘密ということですが、まずは、できる範囲で今回がどんな話なのか聞いてみると――。

赤羽「前回を見た人は、ぜったい違った印象を持ってくれる」

村上「シチュエーションから何から全体の雰囲気がまったく違う。トーンとか」

児玉「同じようなのを求めないで下さい」

あれ、児玉だけちょっと怒ってます? とりあえず、わかったことは前回の『副担任会議』とはまったく別物ということ。そして今回の脚本も担当している池田は、「今回のお話は初めての人ももちろん楽しめるし、うん……(前回を)見た方も楽しめるから……次はちゃんと見てほしい」と言います。

なんとなく、前回があまりちゃんとできなかったかのような言いまわしですが、横のスタッフさんが「いまYouTubeで前回の作品が視聴できますので、それを観て今回もちゃんと観てほしいということです」とフォロー。ああ、そういうことですか。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

で、結局、どんなお話なのか――。

池田「いや、むずいな! うーん……ある業種の方に観てほしいかな……いや違うか」

ものすごく言葉を選びながら話す池田に、村上が「いまのご時世をちょっと象徴している気がします。それぞれ受け取り方も違うっていうか」と補足。

ところが、池田は「そう思って書いてないんですよ。あるシーンで村上が『ここ泣きそうになるんだよな』って言うんですけど、みんなわかんないって……」。おや、意見がバラバラ?

田所「そんなシーンじゃない。(“泣ける”というのは)ひとっつもわからない。僕はカッコいいと思う」

結局、村上以外の全員が田所の意見に賛同。「いまのところ、カッコいい5の泣ける1なんです」と言います。それでも村上は「6人に1人は泣けるっていう。5人は面白くてカッコいい。人によって違う、喜怒哀楽ぜんぶ入ってる。全6人に1人は泣く」と力説しています。

なにを言ってるんだろう? 「全6人」ってなんだよ。「全米」みたいに言ってるけど。ちなみに「全6人ってV6だったら誰?」というメンバーのイジリに対する、村上の答えは「いのっち」でした。

実際に舞台を観れば「あのシーンだ!」とわかるそうなので、めちゃくちゃ気になるそのシーンを探しながら観ると、さらに面白いのでは!?

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

新ジャンル「劇道」ってなんだ!?


インタビューで、しきりに6人が強調していたのが「やるからには新しい、コントとかじゃなく、演劇でもなく、メトロンズでしかできないことをやる」ということ。

芸人仲間にファンも多い6人ですが、池田は自信を持って「コンビではできないことをやっている。ふだん見られない姿もメトロンズで見れる」と熱く語ります。

ということは、お笑いじゃないってこと……? そう聞くと、村上は「いや、お笑いです。でも、相席スタート・山添(寛)がメトロンズの『MILLION $ TICKET』(プレ公演作品で、YouTubeで視聴可能)をめちゃくちゃ褒めてくれて。これは『劇道(ゲキミチ)』です、と」。赤羽も「コントでもお芝居でもない新しいジャンル『劇道』です」と言います。

このメンバーなんだから面白いものに決まってる――そんなレベルを超えた“新しいこと”、それが「劇道」だと言うメトロンズに、感動とともにワクワクが止まらなくて、早く新作の『ミスタースポットライト』が観たくなりました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

「1枚の絵」が持つ破壊力


そもそもこの新作を彼らはどう作り上げてきたのか?

脚本の池田に聞くと、「作ってきた台本とぜんぜん変わってきちゃってて、全員で作ってる」と話してくれました。児玉が続けて説明します。

「みんなでまずプリントで設定を持ち寄ったんですが、そしたら関ちゃんだけある写真を持ってきて……それが通っちゃったんです。絵力が凄かった!」

1枚で設定が決まるほどの絵の写真? どんな写真だ? めちゃくちゃ気になる。池田は畳みかけるように言います。

「僕はプリントした設定を52枚提出して、1枚の写真に負けた」

そこにいる芸人は全員爆笑。その“負け顔”が最高に面白い。芸人として最高ではないか。関町がボソッと付け加えます。

「ネットから落としただけです」

面白過ぎる。しかし、芸人の世界ではよくあることで、たくさん考えて大量に書いたものよりも、降りてきたひらめきで1枚ドン!のほうが、よかったりするときがあります。まさに、それが生まれた瞬間のようです。メンバーが口々に「チョイスのセンスが良かった」「広がった、こんな感じで舞台やりたい」と言っていたそんな設定、見てみたいと思いませんか?

「その意味が、会場に来てパっと見たときにわかると思う。写真1枚から始まったって」

こう池田が言う意味を、その目で確かめに行って下さい。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

見たことない世界を味わいたい方々へ


誰しも見たことない世界を味わいたいですよね? こんなスゴいものに出会った、こんな感覚初めてだ、ヤバ過ぎる!って。

今回、6人の話からわかったことは、公演の内容はまだ詳しく言えないけれど、前回の作品とコンセプトはガラッと変わっていて6人に1人くらいは泣ける(?)ような設定になっています――ということでした。

だけどインタビューが終わって、僕が感じたこと。それは、いつもの6人を知っているだけに、“気合いの入り方が違う”という言葉すら安っぽく感じちゃうほどの、なにか新しいものを生み出そうとしている姿でした。もうそこには、芸人ではないただの男6人が届ける、未知の新しいエンターテインメントがあるんだろうなと確信しました。絶対に見たい。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

どこにもないお笑いなんだけど、それは目的の一部であるそんな新しいものを皆さん、観に行ってみてはいかがでしょうか?

最後にお客さまに向けて、リーダーの児玉から一言。「満席!」。

近い未来にそうなる舞台です。みんなで満席だ!

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ