わずか10分で車内にミツバチの大群 困った運転手に養蜂家が「もらってもいい?」と素手で捕まえる(豪)<動画あり>

スーパーの駐車場に車を停めて買い物することわずか10分、車に戻ると車内の隅に大量のミツバチが群がっていた。車に乗ることができず困っていた男性だったが、そこに養蜂家だという老人が現れ「このミツバチをもらってもいいか」と尋ねると、なんと素手で回収したという。『9News』などが伝えている。

豪ニューサウスウェールズ州シドニー在住のリズワン・ハンさん(Rizwan Khan)は、車でレイクンバにあるスーパーへ日用品の買い出しに訪れていた。

駐車場に車を停めて必要な物を買うと、購入品を手にして車に戻ってきた。ところが愛車ジープの周囲には多くの人が集まっており、人々はカメラを手にして何やら騒がしい様子だった。愛車に何かあったのかと不安を胸にリズワンさんが近寄ると、なんと車内に大量のミツバチの姿があった。

リズワンさんはサッと買い物を終わらせる予定だったからか窓を開けたまま車を離れたそうで、その隙にミツバチが車の中に侵入したようだった。当時の様子が動画に収められており、運転席側のドアフレームと天井の間部分に大量のミツバチが群れていた。

リズワンさんは「私のジープを気に入ってくれたのかもしれないね」と軽口を叩いているが、さすがにこの状態では運転して帰ることができない。

どうしたものかと考えていると、1人の老人が現れ「それ(ミツバチ)を私にくれないかい?」とリズワンさんに尋ねた。リズワンさんは「もちろんどうぞ! 全部持っていってよ」と答えたという。

実はこの老人は地元の養蜂家で、素手でミツバチの大群を掴むと用意していた専用の箱に次々と移動させていった。防護服も着ていなかった老人は怒ったミツバチたちに囲まれてしまったが、そんなことはお構いなしに手で軽く払い除けると、スプレーを使って車内のミツバチを追い払う作業を黙々と続けていた。

救急隊などに依頼することなく無事に車を取り戻すことができたリズワンさんは、「彼は命の恩人だよ」と老人に感謝を述べ「これからは、車の窓はしっかりと閉めておくつもりだよ」と語っている。

日本養蜂協会によると、ミツバチは女王バチを中心に働きバチなどの個体数が増えてくると新しい女王バチが誕生することがあるという。こうした場合、新しい女王バチは半数程度の働きバチと共に巣を去り、新しく巣を作る分蜂という行動をとる。

その際、すぐにエサとなる花が多くある適当な場所が見つかれば良いのだが、見つからなかった場合には人目につきやすい公園の木々や建物の壁などに一時的に群れの状態で留まることが確認されている。おそらく今回も分蜂の途中だったミツバチたちが、リズワンさんの愛車を気に入って身を寄せていたのだろう。

このニュースには「絶対女王バチがいるよね」「たった10分でこんなことになるの!?」「私だったら車ごと捨てたくなる」など驚きや恐怖のコメントが届いている。

目に見える場所に巣を作るのはまだいいが、小さなミツバチは時に意外な場所に入り込んで巣を作ってしまうことがある。8月にはアメリカで、引っ越した家の壁の中から45万匹のミツバチが発見されたこともあった。

なお日本養蜂協会は、ミツバチはこちらから刺激したりしなければ襲ってくることは無いので、近くでミツバチの分蜂を見かけた場合には都道府県の畜産担当部署に連絡して欲しいとウェブサイトで明かしている。

画像は『9News 2021年9月24日付「Sydney man returns from shop to find swarm of bees have taken over his car」(9News)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ