大ブレイク中のニューヨーク“前回準優勝”から再び参戦した理由【キングオブコント直前⑨】


コント日本一を決める『キングオブコント2021』(TBS系)が、10月2日(土)に放送されます。ルール変更によって即席ユニットの参加が解禁されるなど、予選から話題たっぷりだった今年の大会で、決勝の舞台に立つのは10組。今回は、昨年準優勝で大ブレイクを果たしたニューヨーク(写真左から嶋佐和也、屋敷裕政)の決勝直前インタビューをお届けします。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

決勝メンバーは、うるとらブギーズ、蛙亭、空気階段、ザ・マミィ、ジェラードン、そいつどいつ、男性ブランコ、ニッポンの社長、ニューヨーク、マヂカルラブリーの10組。

昨年に引き続いてコロナ禍での予選となった今回のキングオブコントは、14回目にして即席ユニットが解禁され、人気芸人同士がタッグを組んだ“目玉コンビ”が参戦するなど、激動の大会となりました。栄冠を勝ち取るのはいったい誰なのか――ファイナリストたちの熱い思いを連続インタビューでお伝えします。

いちばんネタ選びに難航したかも


――2年連続の決勝進出ですね。

屋敷 昨年、準優勝させてもらって、いろんなテレビに呼んでいただきましたけど、今年もし決勝に出られたとしても、準優勝以下の成績だったら下がってまうなとは思っていました。ただ、どうしてももう1回、決勝に行きたい気持ちがあったので、とりあえず、いまはホッとしています。あとはもう1回、跳ねたいですね。

嶋佐 準優勝させてもらったんで、また出るかどうか考えたときもあったんですけど、出るって決めたんで。決めたからにはもう1回、決勝に行きたいなと。また行けて嬉しいですね。

――今年、出場を決めた理由は?

屋敷 次は“優勝しかないやん”というのが引っかかってました。次、機嫌よく終わるためには、その余白がしんどいなってずっと思っていたんですけど、このまま出んかったらアレかなというか。今年は特に霜降り明星とか、(注目ユニットなども)いっぱい出ていたんで、楽しそうやなと思っちゃいましたね。

嶋佐 もう1回、頑張ったら決勝行けるんじゃないかと思いましたね。いまの時点で出てよかったなと思います。楽しみです。

屋敷 もし出てなくて、この決勝のメンツ見たら、ちょっとやきもち焼いていたかもしれないです。“なんて楽しそうなメンバーなんだ”って。ここにおりたかったって。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

――予選の手応えはありましたか?

屋敷 準決勝までは、ネタをどうしようかってバタバタしていました。去年よりも舞台出番の数も減っちゃったんで、いろんなネタを試したり……。

嶋佐 いままででいちばんネタ選びに難航したかもしれないです。

屋敷 何個か候補はありましたね。

嶋佐 なので、予選はぜんぶ違うネタで挑みました。

髪型がだいぶパワーアップ


――今年は大活躍の年でしたね。

屋敷 本当に『キングオブコント』準優勝してからめちゃくちゃ変わった気がしたので、さまさまやと思っています。

――そんななかで、賞レースへのモチベーションに変化はありましたか?

屋敷 予選に出てみて、“キングオブコントで人生変えたろ”と思っている人らとはちょっと違うなとは思いました。だから、いつまでも出てたらアカンなと思いましたね。

嶋佐 準優勝で恩恵は受けたので、自分たちが面白いと思うネタを決勝の舞台で披露したいし、たくさんの人に見てもらいたい気持ちです。

屋敷 やっぱり(ファイナルラウンドにも進出して)ネタを2個やりたいですね。いろんな面を見てほしいです。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

――1度決勝の舞台を経験しているのは大きいと思います。プラスになった点や反省点は?

嶋佐 去年の決勝2本目のネタで、銃を撃つシーンがあったんですけど、映画とかに携わる特効(特殊効果)スタッフさんを呼んで、本格的な「弾着」を派手にやらせてもらったのに、ぜんぜんウケなくて……。そこは反省ですね。

屋敷 そこ以外もあんまりウケてなかったけどな(笑)。でも、前の組とか、前々の組の感じとか、流れがあるからわかんないですね。“こうやって対策しよう”とか特にないですけど、思いっきりやろうって思います。

――昨年よりもレベルアップした部分、成長した部分はどんなところですか?

屋敷 いろんなコントがあるなかで、去年の2つとはまたぜんぜん違うネタを見せられるなって思います。タイプが違うネタなので、そこを見てもらいたいですね。勝つためにあえて変えたわけではないんですけど、やりたいネタができるのは嬉しいです。

嶋佐 個人的には、髪型がだいぶパワーアップしています(昨年は黒髪)。ビートたけしさん、(審査員の)松本(人志)さんなど、お笑いの神様とまったく同じ髪型にしているので、気合い入っています。

――(笑)。最後に意気込みをお願いします。

屋敷 優勝はもちろんしたいですけど、とにかく楽しみな気持ちが強いです。こんな気心知れた人たちと戦う賞レースはもうないやろな、と思うとすごく楽しみですね。みんなそれぞれウケて、俺らが勝ちゃいいなと思います(笑)。誰一人欠けることなくやりたいです。

嶋佐 楽しみです。あとは時の運もありますから。

屋敷 それなんですよ。賞レース3回くらい出て、それが痛いほどわかったんで。

嶋佐 せっかくなんで優勝してみたいですね。優勝したり、賞金をもらったりする感覚ってどんな感じなんだろうって思うので、運良く味わえたらなと思います。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

【プロフィール】
NSC東京15期。M-1グランプリ2019・2020ファイナリスト、キングオブコント2020ファイナリストと、漫才でもコントでも結果を出している。公式YouTube「ニューヨーク Official Channel」ではトーク、ネタ、企画などさまざまなコンテンツを見ることができる。なかでも動画「ザ・エレクトリカルパレーズ」はドキュメンタリー作品としての評価も高く164万回再生となっている。

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ